うたのチカラ

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

記事一覧

  • 女性の健康

    30代進行性乳がんと判断されたら生存率はどれくらいなの?進行性乳がんに限らず、がんは若ければ若い程進行が早いという話を聞いたことはありませんか?実際には確かにその通りなのです。若いうちにかかってしまうと、進行速度の問題だけではなく再発の可能 ...

  • 女性の健康

    手術できない進行性乳がんと抗がん剤治療について進行性乳がんと診断された場合、できるだけ早くがんを取り除く手術が行われることと思うでしょう。しかしながら手術できないといったケースもあります。乳がんの時点であればほとんどの場合手術が可能ですが、 ...

  • 女性の健康

    進行性乳がんとは?診断されたら余命はどれくらいなの?もしも命に関わる病気になってしまったら、どのくらい余命があるのか?など不安が尽きませんよね?進行性乳がんと診断されてしまった場合、聞きなれない名前からも不安が増してしまう事でしょう。進行性 ...

  • 女性の健康

    進行性乳がんの生存率はステージ次第!聞きなれない方も多いかもしれませんが、ステージとは乳がんの進行度を表す単位として用いられています。しこりの大きさだけでなくわきの下部分までの転移の状態にも関係しています。がんのステージは大まかに0~4まで ...

30代進行性乳がんの生存率

30代進行性乳がんの生存率

30代進行性乳がんと判断されたら生存率はどれくらいなの?

 

 

進行性乳がんに限らず、がんは若ければ若い程進行が早いという話を聞いたことはありませんか?

 

実際には確かにその通りなのです。

 

若いうちにかかってしまうと、進行速度の問題だけではなく再発の可能性も高くなってしまいます。

 

それではなぜ30代進行性乳がんが重要視されているのでしょうか?生存率にも関わる気になる理由と対応を簡潔にまとめてみましょう。

昔は少なかった?30代進行性乳がんの発症率

 

 

進行性乳がんとは乳がんが進行したものを指します。昔は40~50代に多く見られた病気なのであまり検診を受ける必要がないと考えている方も多いかと思います。

 

しかし近年では30代進行性乳がんも多く、20代での発症も増加傾向にあるのが現状です。

 

若いからまだまだ元気なはず!

 

と過信してしまったり、忙しくてわざわざ検診を受けないといったことも30代進行性乳がんの増加に拍車をかけていると言われています。若いうちから気を付けておくことがとても重要だということです。

 

 

30代進行性乳がんになった場合は生存率が低いの?

 

 

一般的に進行性乳がんはステージ3に分類されており、ステージ3での生存率は72%ほどとされています。

 

これは5年後生存率と呼ばれているものの数値です。年代によって明確に生存率が出ているものではないので、30代だけが生存率が異様に低いということはないといってもいいでしょう。

 

しかしながら先ほどお伝えしたように、若いと進行のスピードが早いのです。

 

その為発見が少しでも遅れてしまうとかなり進行した状態になっていることが多いのが問題だと思われます。

 

個人差によっても転移する場所や広がっている範囲の問題なども生存率に関わってくるので一般的には確実な数値は出せないといった所でしょうか。

 

 

生存率だけにとらわれず前向きな治療を受けましょう!

 

 

30代進行生乳がんだけでなく、がんになってしまった時には「あととれくらい生きられるのだろう」という不安が少なからずあるでしょう。

 

特に進行性乳がんの場合は乳がんが進行している状態なので不安も増します。ステージ3に分類されている為5年後生存率は72%程度だとしても10年後生存率はやはり低くなっています。

 

心配しないでというのは無理な話だと分かってはいますが、人それぞれで進行具合も状態も異なります。抗がん剤治療によって延命が上手くいくケースもあります。

 

不安ばかりを抱えていては精神的にも病んでしまうので、少しでも前向きに治療を続けていってもらえればと思います。

手術できない進行性乳がんの抗がん剤治療

手術できない進行性乳がんの抗がん剤治療

手術できない進行性乳がんと抗がん剤治療について

 

進行性乳がんと診断された場合、できるだけ早くがんを取り除く手術が行われることと思うでしょう。しかしながら手術できないといったケースもあります。

 

乳がんの時点であればほとんどの場合手術が可能ですが、乳がんが進行した進行性乳がんの状態では不可能な場合があります。

 

手術できない理由に関しても1つだけではないので一概には言えませんが、抗がん剤である程度がん細胞を抑えてから手術を行う事もあります。

 

ただ、広範囲にわたって転移している場合は取り除くことができないという理由もあり、抗がん剤治療を行うことで延命していく方針が取られることとなります。それでは抗がん剤とはいったいどういったものなのでしょうか?

 

 

抗がん剤が与える進行性乳がんへの効果はどんなのもの?

 

 

がんの転移や再発にも効果がある抗がん剤ですが、胸にできてしまったしこりを小さくする効果もあります。

 

そのため、手術前の準備の一環として抗がん剤が用いられることもあります。

 

始めの診断では手術できないと言われてしまっても、抗がん剤の投与によって体の状態が良くなればそのまま手術可能とある場合もあるので、進行性乳がんへも大きな希望となるのが抗がん剤なのです。

 

 

手術できない進行性乳がんの場合で使用されるケースも!

 

 

進行性乳がんの中には局部進行性乳がんと呼ばれるものがあります。

 

この局部進行性乳がんは手術が難しいという点において、手術ではなく抗がん剤が主に使われます。効果としてはリンパ節にできた腫れや腫瘍を小さくするといった効果があるとされています。

 

局部進行性乳がんに関しては再発や転移の確率も高くなるといった心配もあるので、抗がん剤はとても重要視されています。

 

 

難しいのは種類!自分に合った抗がん剤が見つかるまで

 

抗がん剤治療と一言でいっても種類がとても多く、一概にどれがいいのかというのは個人差がかなりあります。

 

主に治療に使われることが多いものだけでも種類があるのですが、試してみてあまり効果が感じられなかった場合次を試してみるといった方法が取られることが多いものです。

 

個人差にもよりますが、個人の進行度なども関与してくるので、自分の体質に合ったものが見つかると効果も高く希望も持てます。

 

もちろん抗がん剤と聞いて心配になる点は副作用が挙げられます。効果だけでなく副作用についても考えながら抗がん剤治療を続けていけるのが最善な方法だと思います。

 

 

女性にとって外見の変化というのはとてもナイーブな問題。髪の毛が抜けるといった副作用も、命の為とはいえ精神的にとても辛いもの。

 

それでも命を最優先して抗がん剤の効果に希望と託して、愛する人のためぜひがんばってもらいたいと思います。

 

 

進行性乳がんとは?余命はどれくらい?

進行性乳がんとは?余命はどれくらい?

進行性乳がんとは?診断されたら余命はどれくらいなの?

 

もしも命に関わる病気になってしまったら、どのくらい余命があるのか?など不安が尽きませんよね?

 

進行性乳がんと診断されてしまった場合、聞きなれない名前からも不安が増してしまう事でしょう。進行性乳がんとは乳がんが進行した状態を指します。

 

ステージ0から4までの5段階に分けて考えられる乳がんですが、この中のステージ3にあたります。

 

更にステージ3の中にはa,b,cと細かく3つに分けられているので、進行性乳がんと診断されたからといって個人差があり余命に関してもそれぞれ異なります。

 

また乳がんでは出来てしまったしこりの大きさや転移にも大きく状態が左右されます。

 

 

気になる5年後生存率は余命を表しているの?

 

 

がんと診断された場合、大きな病気にかかってしまったと落ち込んでしまうのではないでしょうか?

 

進行性乳がんとは乳がんの進行したものなので、あとどれくらい体がもつのか余命も気になることと思います。

 

がんにかかった場合5年後生存率という言葉が使われることがあります。耳にしたことがあるといった方もいるのではないでしょうか?

 

その名のとおり5年後に生きている確率を表すものなのです。もちろん個人差があるので確実なものではなく、全部を数値のみで鵜吞みにすることはできませんが、統計的なデータですから基準にはなるといえるでしょう。

 

初期の乳がんに比べると進行性乳がんの5年後生存率は数値が低くはなってしまいますが、それでも一般的に70%を超えています。診断されてからすぐに余命数か月と判断されることは少なく、つまり余命と生存率は異なるものと捉えていいでしょう。

 

 

進行性乳がんの治療はどんなものが行われるの?

 

 

余命を延ばす為、改善に向かう為にも手術が行われることが一般的ですが、既に転移している場合には取り除いたあとも再発や別の場所への転移も気になるところです。

 

通院して定期的に検診を受けながら、抗がん剤治療も併用して行われることもあります。医学の面から見ても昔と比べると格段に進歩していると考えられますが、進行性乳がんとはいえ一般的ながんと同様に手術と抗がん剤治療がメインになっています。

 

 

どのような効果が期待できる?抗がん剤治療による生存率上昇

 

何もしない場合にはかなり低い生存率の数値になりますが、延命治療とも考えられている抗がん剤治療を受けることでかなり数値が上がります。

 

進行性乳がん(乳がん)に効果的な薬も多数あるので、抗がん剤治療を受け続けていればすぐにでも余命を宣告されるということにはならないかもしれません。

 

前向きに根気よく治療を続けていく事が精神的な安定にもつながります。

 

抗がん剤治療も体に負担がかかるものなので、前向きに考え心のバランスを保つことも重要なのではないでしょうか?

進行性乳がんにおけるステージと生存率とは?

進行性乳がんにおけるステージと生存率とは?

進行性乳がんの生存率はステージ次第!

 

聞きなれない方も多いかもしれませんが、ステージとは乳がんの進行度を表す単位として用いられています。

 

しこりの大きさだけでなくわきの下部分までの転移の状態にも関係しています。がんのステージは大まかに0~4までの5段階で表してあります。

 

進行性乳がん・局部進行乳がんはステージ3になり、このステージ3は更に細かく3つに分けられています。

 

ステージ3での生存率は一般的には5年後の生存率で72%あたりとされています。

 

 

進行性乳がんのステージ3とはどのような状態?

 

 

ステージ3の中でもa,b,cと分けられていますが、aからcにいくほど進行度が深くなっています。

 

では進行度とはどのようなことを指すのでしょうか?

 

一般的に乳がんになった際には胸にしこりが見つかります。そのしこりが大きくなっていき進行したものが進行性乳がん。

 

レベル3の時点では初期に比べてしこりがある程度大きくなっており、体の別の場所への転移も見られるようになります。

 

つまり、しこりの大きさと転移が確認された状態がレベル3と考えられます。

 

 

進行性乳がんの転移する場所と生存率は関係あり?

 

 

体の別の場所への転移への恐怖はどのがんでも同様ですが、進行性乳がんにとっても同じです。手術で取り除いたとしても再発や転移には充分に気をつけなければいけないと考えられます。

 

一般的に転移では乳房や胸骨横にあたる脇のリンパ・胸全体の広範囲などに見られ、より体の深い部分や範囲によっても生存率は異なります。

 

どの場所への転移にしろ、再発や転移の確認が初期であればあるほど手術や抗がん剤によっての対処が早くなるので、早期発見がより高い生存率へとつながります。

 

どの場所への転移であれ、手術で取り除いた後にも定期的な検診で体をチェックしておけば自然と生存率が上がるのでしっかりと検診を受けましょう。

 

 

ステージ3でも生存率は高め!正しく知ることが重要

 

 

進行性乳がんと診断を受けてしまった瞬間には頭がパニックになる方も多いでしょう。しかも乳がんよりも進行が進んでいると聞いて落ち込んでしまうかもしれませんが、他の場所で見つかるがんに比べて乳がんは一般的な生存率は高めだと言われています。

 

病は気から

 

とも言われるように、心が疲れてしまっては治療にも力が入らないのではないでしょうか?

 

なかなか難しいかもしれませんが、きっと大丈夫だと信じて再発や転移をしないように検診をこまめに受けることで延命にもつながります。

 

ステージ3の時点で見つかったから治療ができる!と前向きに乳がんに立ち向かってもらいたいと思います。