うたのチカラ

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

記事一覧

  • 女性の健康

    乳がん検診のエコーなどは妊娠中に受けても大丈夫?若いころから定期的に乳がん検診を受けているという方も多いと思います。乳がんはいつ発症するかわからない物なので、二年に一回は受けておきたい検査の一つです。定期的に乳がん検診を受けている中で、妊娠 ...

  • 女性の健康

    マンモグラフィーに被爆の危険なし乳がん検診の中にはマンモグラフィーという項目があります。このマンモグラフィーを受けると聞いたら、本当に大丈夫なのかと不安になる人も多いでしょう。というのも、マンモグラフィーは放射線を使った検査ですよね。これに ...

  • 女性の健康

    意外に簡単な乳がん検診を抑える方法とは?乳がんは女性にとってはとても恐ろしい病気です。進行症状によっては死亡することもあるため、早期発見で早い段階から治療をしておくことが重要です。早期発見をするには乳がん検診を受ける事が一番でしょう。乳がん ...

  • 女性の健康

    知っておきたい進行性乳がんの初期症状とは?乳がんは成人している女性にとっては国民的ともいえる病気です。成人している女性なら誰もがこの病気になってもおかしくはありません。ですので乳がんについて正しい知識を持っておくことが重要です。自分は大丈夫 ...

乳がん検診 妊娠中はエコーで!

乳がん検診 妊娠中はエコーで!

乳がん検診のエコーなどは妊娠中に受けても大丈夫?

 

若いころから定期的に乳がん検診を受けているという方も多いと思います。乳がんはいつ発症するかわからない物なので、二年に一回は受けておきたい検査の一つです。

 

定期的に乳がん検診を受けている中で、妊娠が発覚したらあなたはどうしますか?

 

誰もが赤ちゃんへの影響を考慮して、乳がん検診を一時的にストップさせるかと思います。しかしその間に乳がんになったら…と考えるとやはり怖いもの。

 

では乳がん検診のエコーなどは妊娠中でも受けてもいいのでしょうか?

 

 

乳がん検診のエコーや触診なら問題なし

 

 

妊娠中に乳がん検診を受けることは悪い事ではありません。ただ検査項目に気を付ける必要があります。

 

多くの女性が気になるのが、乳がん検診のエコーやマンモグラフィーは妊娠中でも大丈夫?という点ではないでしょうか?

 

エコーに関しては問題ありません。ただマンモグラフィーは少量とはいえ放射線を浴びるので、妊娠中は控えましょう。

 

【参考記事】マンモグラフィーの被曝の危険性について

 

 

妊娠中の乳がん検診は精度が落ちてしまうデメリットも

 

 

しかし残念ながら乳がん検診のエコーや触診は妊娠中の女性には確実な検査とは言えません。

 

なぜなら妊娠すると乳腺が発達するため、触診で痛みを伴う、エコーで鮮明な撮影ができないなどの問題点があるからです。ですので妊娠していない時に比べて、乳がん検診の精度は落ちてしまうのです。

 

だからといって何もしない方が良いということはありません。

 

妊娠中は定期的にセルフチェックを行いましょう。

 

ネットには乳がんのセルフチェックの方法が掲載されています。それを見て日頃から自分で調べておき、万が一しこりなどを発見したらすぐに病院に行きましょう。

 

しこりがあることを伝えれば精密な検査を行ってくれますよ。

 

【参考記事】乳がん検診費用を抑えるコツ

 

 

妊娠中は乳がん検診をお休みしてセルフチェックを

 

 

妊娠中はセルフチェックをこまめに行っておけば、無理をして乳がん検診を受ける必要はありません。

 

産後すぐに受けてもいいですし、育児が一段落した時から検診を再開することも可能です。

 

検診を受けておかないと不安という人は、上記にも書いたように乳がん検診のエコーや触診なら妊娠中でも可能なのでそちらを受けておいてください。

 

 

育児が落ち着いたら必ず乳がん検診へ!

 

乳がん検診はなるべく定期的に行っておきたいもの。妊娠中でも万が一妊娠中に発症したらと考えると、とても不安になりますよね。

 

もし乳がんになっていたとして、気付かない間に授乳をしていたら…と思うと子供への影響が気になるところ。

 

しかしこの点はまず問題ありません。乳がんの症状が進行している場合は母乳の色がミルク色になりませんので、必ず気付きます。

 

万が一少量のがん細胞が含まれていても、赤ちゃんの胃の中で消化できる範囲と言われていますので、がんが赤ちゃんにうつったりすることはないのです。

 

ですので妊娠中はセルフチェックのみを行い、産後育児が落ち着いてきたら乳がん検診を再開しましょう。

マンモグラフィー被爆は危険なの?

マンモグラフィー被爆は危険なの?

マンモグラフィーに被爆の危険なし

 

乳がん検診の中にはマンモグラフィーという項目があります。このマンモグラフィーを受けると聞いたら、本当に大丈夫なのかと不安になる人も多いでしょう。

 

というのも、マンモグラフィーは放射線を使った検査ですよね。これによって被爆するのではないかと気になってしまいます。

 

ではマンモグラフィーによる被爆は危険なのかということについて紹介していきます。

 

マンモグラフィーを受ける事によって確かに乳房に放射線が当たることには間違いありません。

 

ただ一つ覚えておきたいのが、マンモグラフィーによる被爆は危険性はなく、マンモグラフィーでの被爆線量は胸のレントゲン検査の被爆線量とそう変わりありません。

 

こうして言葉にされても不安は消えませんよね。

 

では実際に数値を紹介しましょう。

 

 

マンモグラフィーを受ける事で浴びる放射線量は?

 

 

マンモグラフィーを受ける事によって乳房は1~3mGyの吸収線量を浴びることとなります。

 

吸収線量とは放射線が人体などを透過する際に吸収されるエネルギー量のことです。

 

この吸収線量を放射線量の実効線量に直すと、0.05~0.15mSvとなります。

 

やっぱり放射線を浴びているんだ…と思われるかもしれませんが、実はこの数値は遥かに低い数値です。

 

私達は日常生活でもっと強い放射線を浴びています。

 

宇宙線や体内放射能、空気中のラドンからも常に放射能を浴びており、年間約2.40mSvを浴びていると言われています。この数値に比べればマンモグラフィーの放射線量がいかに低いかがお分かりいただけるでしょう。

 

ですのでマンモグラフィーの被爆は危険ということはまずありません。マンモグラフィーを受けたことで乳がんになる恐れはほぼないからです。

 

 

マンモグラフィーの放射線量はなぜ低い?

 

ではなぜマンモグラフィーはそこまで低い放射線量で受けることができるのでしょうか?

 

乳がん検診の際は乳房を強く圧迫します。圧迫することで乳腺を薄くすることができるので、低い放射線量で済ませることが可能となっているのです。

 

乳がん検診は痛いから受けたくないという人も多いと思います。

 

しかし放射線量を減らすために乳房を圧迫しなければならないので、これは仕方のない事と諦めておきましょう。

 

マンモグラフィーの危険はないのでぜひ検診を

 

 

マンモグラフィーによる被爆が危険ということをネットで見る人も多いかと思います。

 

今は健康体なのに、マンモグラフィーを受ける事によって乳がんが発症したら…そう考えると乳がん検診を受ける気にはなりませんよね。

 

しかし上記にも書いたように、マンモグラフィーによる放射線量はとても低いので安心してください。

 

それよりも検査を受けずに乳がんの症状を進行させることの方が大きな問題です。

 

定期的に受けていない人はぜひ受けておいてくださいね。

乳がん検診費用を抑えるコツ

乳がん検診費用を抑えるコツ

意外に簡単な乳がん検診を抑える方法とは?

 

乳がんは女性にとってはとても恐ろしい病気です。

進行症状によっては死亡することもあるため、早期発見で早い段階から治療をしておくことが重要です。

 

早期発見をするには乳がん検診を受ける事が一番でしょう。

乳がんのセルフチェックの方法などもありますが、やはり医師に直接検査してもらった方が安心ですし確実と言えます。

 

ここで気になるのが乳がん検診にかかる費用

 

受けておきたいけど検診費用のことを考えると中々…そう考える人も多いでしょう。

では乳がん検診費用を抑える方法はあるのでしょうか?

 

 

乳がん検診費用はどれくらいかかる?

 

 

まずは乳がん検診費用がどれくらいかかるかを紹介しましょう。

 

40歳以上の女性は二年に一回、市区町村の検診を受ける事が出来ます。

市町村の乳がん検診なら0~3000円程度で受ける事が出来るので、乳がん検診費用を抑えることが可能です。

 

市区町村の乳がん検診は対象者が40歳以上に限らていることは問題です。なので40歳未満の女性の場合は全額自己負担の可能性もあります。

 

検査項目にもよりますが、大体2万円程度はかかると思っておいていいでしょう。

 

 

乳がん検診費用を抑えることはできる?

 

40歳未満の女性でも乳がん検診費用を抑えることはできます。

 

現在気になる症状があるのなら、まずは乳がん検診を行っている病院に行きましょう。

しこりがある場合は保険適応となるので、その際は安く検査を受けることができます。

 

こちらも検査項目によって費用が変わってきますが、1万円以下で済ませられます。

 

気になる症状がないけど、念のために受けておきたいという人はまずは乳がん検診を受ける病院を探してください。

 

気になる症状がない場合、病院によって検査項目が変わってきます。

 

検査項目が増えれば増える程費用は多くなるので、検査項目が少ない病院で検査を受ければ乳がん検診費用を抑えることができるのです。

 

まずは乳がん検診を行っている最寄りの病院を探し、見つけたら病院に電話をして検査項目について確認しましょう。

 

いくつかの病院に電話をして、一番少ないところで検診を受けるといいですよ。

 

 

乳がん検診は若い世代こそ必要な検査

 

 

乳がん検診は40歳以上の世代だけでなく、20代、30代の若い世代でも必要なものです。

若くして乳がんになった場合は、その進行度はとても早いので、その分早期発見を意識しておきたいものです。

 

忙しくて検診をついつい後回しにしていて、気づいた時には末期の状態なんてこともよく耳にするようになっていますし。

 

これを防ぐには乳がん検診を受ける事。

 

乳がん検診の費用はとても気になるところですが、上記の方法なら若い世代でも乳がん検診費用を抑えることができます。

 

一年に何度も受けなくてもいいので、二年に一回か一年に一回は受けておきましょう。

 

そうすれば万が一乳がんになったとしても、早期発見で早めに治療を受ける事が出来ますよ。

進行性乳がん 初期症状に注意!

進行性乳がん 初期症状に注意!

知っておきたい進行性乳がんの初期症状とは?

 

 

乳がんは成人している女性にとっては国民的ともいえる病気です。

成人している女性なら誰もがこの病気になってもおかしくはありません。

 

ですので乳がんについて正しい知識を持っておくことが重要です。

 

自分は大丈夫ということは決してありませんので、知識を身につけておきましょう。

では進行性乳がんについて説明していきます。

 

進行性乳がんとは?

 

 

進行性乳がんとは、その名の通り乳がんの症状が進行している状態のことを言います。

 

乳がん病状によってステージに分けられます。ステージとは症状の進行がどの状態にあるかを表すものです。

 

ステージが進めば進むほど症状が重いということです。

 

進行性乳がんは炎症性乳がんとも呼ばれ、乳がんの中では極めて発症率が低い乳がんです。だからといってこの病気にならないわけではありませんので、早期発見が重要となります。

 

進行性乳がんを発症しやすい世代について

 

 

乳がんは40~50代の女性が特に発症しやすいとされています。

進行性乳がんもこの世代で発症するケースが多いようです。

ただ中には20~30代で発症するケースもあります。

ですので若いからと言って安心せず、定期的に乳がん検診を受けておきましょう。

 

進行性乳がんの初期症状は?

 

 

それでは進行性乳がんの初期症状について説明します。

 

進行性乳がんの初期症状は乳頭周辺に現れます。皮膚が赤くなり、多少腫れがあることが多くなっています。

 

その他にも乳房に痛みを感じる、乳房の外観が急速に変化する、乳頭がへこむなどの症状も見られます。

 

乳頭以外にも、腕の下と鎖骨周りのリンパ節が腫れるといった症状も進行性乳がんの初期症状の一つです。

 

進行性乳がんの初期症状は乳がんと気付きにくい

 

 

乳がんと聞くと、乳頭周辺にしこりができるというイメージがある方も多いのではないでしょうか?確かに乳がんの初期症状としてしこりは代表的なものです。

 

しかし進行性乳がんの場合はしこりができないため、乳がんだと気づくことに遅れてしまうことが多々あります。

 

自分で確認することはとても難しいので、もし初期症状に近い異常がみられたらすぐに専門医に相談してください。

 

初期症状で進行性乳がんを発見できれば、治る確率がグッと上がりますよ。

 

 

定期的な検診で進行性乳がんにいち早く気付くことが大事

 

乳がんと言われても、あまりピンと来ない人もいるかもしれませんが、とても身近な病気になりつつあります。

 

今は健康であったとしても、数年後に症状が出る可能性もありますから。

 

重症化する前の初期症状の段階で乳がんを早期発見することが重要です。

 

●定期的に乳がん検診を受ける事

 

●乳頭周辺に異常を感じたらすぐに専門医にかかること

 

これらの点を日頃から気を付けておきましょう。