カテゴリー:花火大会2017の記事一覧

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

カテゴリー:花火大会2017

手賀沼花火大会 2017の日程と穴場観覧ガイド

手賀沼花火大会 2017の日程と穴場観覧ガイド

手賀沼花火大会 2017の開催日程

 

2017年8月5日(土曜日) 打ち上げは19:00からを予定。

 

手賀沼花火大会は、都心部や茨城県からもアクセス良好な千葉県柏市と我孫子市にまたがる手賀沼で開催される花火大会です。

 

2つの市が共同で打ち上げる花火大会のため、打ち上げ本数も10,000発以上と千葉県内では比較的大規模な花火大会で見ごたえがあります。

 

公式の観覧開場は3か所用意されていて、有料スペースの他に無料で見れるスペースが広く用意されていますが、公式に公開されている場所なだけあって、テレビ中継されていたり、出店が出ているためか、例年大混雑してしまいます。

 

最寄のJR柏駅やJR我孫子駅からの人の流れも、この公式の観覧開場へ向かって人の流れが出来るために、移動も困難になります。

 

人通りも多いため、落ち着いて見ることが出来ず、この公式観覧開場はあまりおすすめ出来ません。

 

当日のアクセスは、手賀沼一体の道路が全て夕方から通行止めの規制のなってしまうため、最寄の柏駅か我孫子駅で下車したあとに徒歩などで移動することになります。

 

しかし、どちらの駅からも花火がよく見える手賀沼周辺までは徒歩30分以上かかってしまいます。

 

手賀沼花火大会の穴場アクセスは北柏駅!

そこでおすすめのアクセス方法は、JR北柏駅で下車します。そこから徒歩で10分程で手賀沼に突き当ります。

 

北柏駅で下車すると、柏駅方面と我孫子駅方面に用意された公式開場の丁度まん中に着くことが出来るので、比較的混雑も緩和されています。

 

北柏駅下車後、まっすぐ一本道を歩くだけなので、初めての方でも迷わずに到着することが出来ます。

 

ここでおすすめの観覧スポットは、北柏駅下車後徒歩10分程歩いて手賀沼に突き当ったところにある「北柏ふるさと公園」です。

 

公式開場ではありませんが、比較的混雑する観覧エリアであるため、公園内には入らずに手前にある道路で見ることです!

 

手賀沼花火大会では周辺道路が全て通行止めとなっているため、道路の淵に座って見ることが出来るのです。

 

北柏エリアでは、道路から手賀沼までの間が畑になっているため、視界も良好!

 

手賀沼花火大会は、風向きに合わせて打ち上げ場所が変わる可能性もあるので、観覧場所選びには注意が必要なのですが、北柏エリアですと、どこから打ちあがっても遮るものなく綺麗に見えるのです。

 

北柏駅下車後に歩く道には、コンビニもあるので買い出しにも便利です。

 

花火が始まってしまうとかなりの混雑が予想される「北柏ふるさと公園」ですが、中にはじゃぶじゃぶ池もあり、小さな子供に大人気のスポットです。

 

少し早く着いたらぜひ、子供は水遊びも楽しんでください!

花火スペクタキュラ ミスティノーチェの観覧ガイド2017

花火スペクタキュラ ミスティノーチェの観覧ガイド2017

花火スペクタキュラ ミスティノーチェは壮大な花火エンターテイメント!

 

2017年7月8日~9月23日

 

花火スペクタキュラ ミスティノーチェは愛知県蒲郡市にあるラグーナテンボス(テーマパーク)内で行われる花火ショーともいえるものです。

 

通常の一般的な花火大会とは違うのかもしれませんが、以前ヒルナンデスで、花火マニアが見るべき花火大会のひとつとして紹介していたので、花火大会としておすすめしたいと思います。

 

花火スペクタキュラ ミスティノーチェは一言で言うならば音楽にのせて行われる花火と水と炎のショーといったところでしょうか。

 

パーク内にあるプールを舞台に行われるショーなので、噴水はでるは、炎は噴射するは、花火は上がるは、手前の舞台で人が踊るは、プロジェクトマッピングの映像がでるは、できること全てやりました的な壮大な催しです。

 

花火スペクタキュラ ミスティノーチェの観覧ポイントは有料になるのですが1階の有料席です。朝、オープン時から販売を始めるのですが人気のため早めに行くことが求められます。

 

この1階の有料席はショーが行われる舞台の目の前に設置された席で、実際に座ったのですが、さすがはお金を払った分(大人ひとり700円)はあるなと感じました。

 

ショーで踊る人の後ろに噴水と炎と花火と一番きれいに見える並びで見えましたし、音楽の臨場感が大変良かったように思います。

 

有料?ということで躊躇してしまうこともあるかもしれませんが、お金を払う価値はあると思います。

 

あとは3階にも有料の立ち見席があるようですし、レストランから見れる場所もあります。

 

ラグーナテンボスはプールが人気のテーマパークなため、朝からプールで遊んで昼からアトラクションを遊び、夕食を食べた後、夜から花火ショーを見るという流れで1日中楽しむのが定番の遊び方。

 

それだけに観客が非常に多いですし、パークの多くの場所から見えるのですが、正面から見える有料席はショーをすべて楽しむことができお勧めです。

 

アクセス方法はテーマパークということで駐車場は大変広く多くの駐車台数を確保されています。

 

ただ花火後は帰っていく車の渋滞となりますので注意が必要です。

 

交通機関での行き方はJR蒲郡駅から無料シャトルバスが出ているのと、夏季は名古屋駅から直通のバスが出ます。

 

まあテーマパークですし花火を見るのに入場料を払わなくてはいけないので、どうせなら朝から一日中遊ぶつもりでプールに行ったり、アトラクションで遊んだり、隣接する魚市場で食事したりして過ごすのがいいと思います。

 

また今年は砂浜に設置された巨大なエア遊具場 ビーチパークでも遊べるようですし、水着のままジェットコースターに乗れるのも面白いです。

 

アクセスがあまり良くないかもしれませんが、この花火を見に行くだけの価値はあると思います。

松江水郷祭湖上花火 2016の日程と観覧ガイド

松江水郷祭湖上花火 2016の日程と観覧ガイド

松江水郷祭湖上花火 2016の開催日程

 

2016年7月30日(土曜日) 雨天時は2016年8月20日に延期になります。

 

出雲大社で有名な島根県の県庁所在地である松江市で開催されるお祭が松江だんだんまつり。2016年7月29日から3日間にわたって開催されます。そのメインとも言えるのが松江水郷祭湖上花火です。

 

湖上での花火大会としては西日本最大規模になり、色々な形をした花火が打ちあがるのでお子さんが見ても楽しいと思います。

 

7/29が前夜祭。

7/30が湖上花火1万発、松江だんだんまつり、協賛イベント。

7/31が松江だんだんまつり、協賛イベントとなっています。

 

毎年有名なアーティストがライブをするのでとても盛り上がり、屋台は所狭しとあるので屋台の待ち時間は少ないです。

 

松江水郷祭湖上花火大会へのアクセス

 

田舎なのであまりバスの利便が良くありません。

 

松江駅で降りた後は会場のある宍道湖周辺まで徒歩20分ぐらいで着くと思います。

 

その日は松江駅で降りた多くの人が会場に向かうので、夕方からなら具体的な会場が分からなくても人の波にのっていけば会場にたどり着けます。

 

会場周辺は交通規制がかかるのと近くにコインパーキングがあまりないので車で来るのはおすすめ出来ません。

 

県外から来場されるのでしたら日帰りのプランがあって、目の前で花火を観覧出来るプランがあります。

 

米子駅か出雲市駅からバスで送ってもらって、特別観覧席で花火が観られます。もちろん有料ですが場所取りの手間がありません。

 

毎年船も出ているのでそちらも迫力があって良いですよ。

私は今26歳で水郷祭には中学生の時から行っていますが、治安が良いのか喧嘩している人を見かけたりもしないので、治安は良いと思います。

 

中学生の時から友達とだけで行っていましたが、トラブルになった事はありません。

 

このお祭の時期は県外から来られた方も多く意外な出会いもあって面白いです。

 

中学生の頃広島から来て「わしが日本で初めて電池を作った」と主張するおじさんに出会った事も。話の真偽は不明ですがとにかく面白いおじさんでした。

 

松江水郷祭湖上花火大会とあわせて寄りたい観光ガイド

 
出雲大社で有名な島根県ですが少し足を延ばせば、人気のある作家さんが描いた少女漫画に出てきた八重垣神社があります。

 

八重垣神社にある鏡の池に硬貨を乗せた紙を浮かべてその紙の沈む速さと、沈む位置で縁の近さや出会う時期などを占うシーンも漫画の中では有名ですね。

 

また玉造温泉街も少し離れた場所にあり、足湯や雑貨屋さん、ごはん屋さんがあり歩くだけでも面白いですよ。

 

島根県は美肌ナンバーワンでもあるので是非足湯や日帰り温泉も楽しんでもらいたいです。

 

田舎のお祭ですが花火のクォリティーが高く地元人も親切な人が多いので是非遊びに来て下さい。

わっしょい百万夏祭り2016の日程と観覧ガイド

わっしょい百万夏祭り2016の日程と観覧ガイド

わっしょい百万夏まつり 2016の開催日程

 

2016年8月7日(土曜日) 打ち上げは20:25からを予定。

 

わっしょい百万夏祭りの日程 2016年8月6日、7日

会場:勝山公園 小倉駅から約10分

 

勝山公園近辺は交通規制あり小雨決行なので今まで中止になった事がほとんどなかったです。

 

有料観覧席は1800円、当日は200円プラス。

 

福岡県、北九州ではかなりの盛り上がりの”わっしょい百万夏祭り”。駅前や井筒屋、Riverwalk、花火会会場の勝山公園など町中のいたるところでステージイベントが行われ、7日はパレードと小倉城をバックにフィナーレを飾る花火は3000発。

 

勝山公園で花火を上げているので街中なのに大迫力で花火が観られるのがポイントです。

 

花火を見上げるスポットなら小倉城前のパレードが通る大通り(この日は歩行者天国になっています)に座って観るのが遮るものが何もないので良く見えます。

 

道路にゴロンと寝ころんで屋台で買ったビールを片手に花火を見上げる人達が多数います。

 

またすぐ近くの商業施設Riverwalkからも小倉城側など一部の所からも花火は観られますが視界に木々が入りますのであまり観やすいスポットではないと思います。

 

県外から来られる人達も多く電車、車はお祭りの期間中は一日中大混雑します。駐車場は小倉駅の新幹線側の少し遠くで探すと見つかりやすいです。

 

モノレール、JRも大混雑しますが、JRは下関側から乗る人は朝からとても多いので早い時間に小倉に向かうことをお勧めします。

 

反対方面の福岡方面からは快速とかもありますので乗車できないほどの混雑ではありません。

 

会場の勝山公園と道路を挟んだRiverwalk前まで出店や屋台が沢山出ているので食べ歩きをしても楽しいです。

 

門司港で作られた地ビールの屋台を見かけたらビール好きな方はぜひ飲んでみてください。

 

他にも肉巻きおにぎりや、シロップかけ放題のかき氷、デコが可愛いチョコバナナや変わり種のたい焼きなどスィーツ系も豊富です。

 

屋台も混雑していますが長い時間ブラブラしても楽しめます。

 

もちろん食べ物だけではなく子供たちが好きなヨーヨー釣りやスーパーボールなどゲーム類も沢山ありますので家族連れや子供たちで勝山公園はずっと賑わっています。

 

花火の始まる直前は屋台が一番混雑する時間ですので要注意です。

 

勝山公園だけではなく商店街でも屋台が出ていますし、商店街はあまり並んでいませんのでお勧めです。

 

並ぶのが苦手、もしくは時間がない時は商店街で買ってから勝山公園に向かうと効率良く会場に行かれると思います。