カテゴリー:花火大会2017の記事一覧

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

カテゴリー:花火大会2017

豊田おいでんまつり花火大会2016の日程と観覧ガイド

豊田おいでんまつり花火大会2016の日程と観覧ガイド

豊田おいでんまつり花火大会 2016年の開催日程

 

2016年7月31日(土曜日) 打ち上げは19:10からを予定。

 

私の地元、愛知県豊田市の夏祭りといえば「豊田おいでん祭り 花火大会」です。おいでん祭りの名の通り、おいでん踊りと花火大会が一緒になったお祭りです。

 

 

おいでんまつり花火大会の由来を知ろう!

 

もともとは1968年に始まった「豊田祭り」だったようです。確かに、私が小さい頃は、おいでん踊りというものはありませんでした。豊田市という地域柄、自動車関連の工場なども多くありますよね。

 

工場に勤務するために豊田市に移り住んでみえた新しい人と、昔からすんでいる人との結びつきを強めようという意味合いもこめて、豊田祭りが20回を迎えるときに見直そうというお話が出たそうです。

 

そこで、みんなで新たに踊れる「おいでん踊り」が考案され耳なじみのいい「おいでん踊り」の音楽も考案されました、そして豊田祭りからおいでん祭りに生まれ変わったようです。

 

そして、このころからお祭りのファイナルに花火大会が開催されるようになってんいるんですね。

 

 

東海最大級!日本でも指折りの花火大会へ発展

 

豊田おいでん花火は東海地方最大級といわれています。昨年はyahoo花火大会&夏祭りランキングで「花火師が選ぶベスト10」でなんと6位に選ばれているんです。これで一気に全国的にも知られるようになりました。

 

例年混雑必須ですが、2016年はさらに混雑するのではないでしょうか。

 

観覧場所は、「白浜公園」こちらは見やすくてさらに無料!非常によいのですが前日から場所取りが始まり、すぐに埋まってしまいます。競争率が高いんです…。

 

 

豊田おいでんまつり花火大会 2016 穴場&グルメスポット

 

そこでお奨めなのが「毘森公園」ひもりこうえん 打ち上げ場所の矢作川 白浜公園からは少しはなれて、豊田市駅よりも少し西側になります。離れてしまうので、花火は小さめですが、混雑が苦手、静かにゆっくりと花火を楽しみたいカップルなどにいいかもしれません。

 

また、矢作川緑地公園、打ち上げ場所の白浜公園と地続きになっていますので、花火も見やすく、音楽もしっかりと聞こえます。

 

遊具もありますので、小さなお子様も飽きることなく花火を楽しめると思います。

 

あとは、桜城址公園です。それほど大きな公園ではないのですが、比較的打ち上げ会場に近く、なんといってもトイレのある公園なのでいざというときには安心です。

 

会場へのアクセスは電車が便利だと思います。名鉄豊田市駅から徒歩15分、愛知環状線新豊田市駅から徒歩17分。ぜひ、帰りの切符も買っておいて下さい。

 

少し距離があるように感じますが、駅を降りて会場までは露天のお店もたくさん並んでいて物色しながら歩いていたら、会場にすぐ到着すると思います。

 

豊田おいでんまつり花火大会に来たついでにぜひ寄っていただきたい地域のグルメスポットは、駅を降りてそのままアクセスできるショッピングセンターメグリアセントレの外側1階にある「あづまや」です。

 

あづまやのカキ氷はさらさら。カキ氷のみつもとてもあっさりとしているので見た目のボリュームに反してぺろりと食べられてしまします。オレンジヨーグルのみつも暑い日にお奨めです。

 

またこちらの「文ちゃん焼き」いわゆる大判焼きも大人気。すこし甘めのさっくりとした生地にアンコがたっぷり。いくつでもいけちゃいそうです。

 

おいでん花火に行った際にはぜひとも立ち寄ってみてくださいね~

 

 

春日井市民納涼祭り2017 日程と観覧ガイド

春日井市民納涼祭り2017 日程と観覧ガイド

春日井市民納涼まつり 2017年の開催日程

 

2017年7月22日(土曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

愛知県春日井市にある落合公園で開催される花火大会が春日井市市民納涼まつり。2017年は第40回目の開催となる人気の花火大会です。

 

花火大会としては規模が大きく、毎年7月の第四土曜日に開催されます。2017年の日程は7月22日とやや早めになっていますね。

 

花火が3000発、ナイアガラやスターマインも打ち上げられます。落合公園の敷地が広いので模擬店の数が多いです。定番の食べ物が多いですが、ずらっと並んでいる模擬店にはお祭りらしさを感じられます。

 

他のスペースには盆踊り大会や地域のボーイスカウトによるトーチトワリングもあります。氷の彫刻、風鈴コーナーで涼しい夏を体験することも出来ます。春日井市のゆるキャラである小野道風をイメージした道風くんにも会えちゃいます♪

 

そして、今年は第40回目のお祭りとなるため、花火の数が4.000発になり、いつもより豪華なお祭りになるそうで今からとても楽しみにしています。

 

 

春日井市民納涼まつり 2017のアクセス

 

春日井市民納涼まつりへのアクセス方法は、無料シャトルバスを使うのが便利。

春日井駅、高蔵寺駅、勝川駅、名鉄味美駅、春日井市総合体育館から無料シャトルバスが出ます。

 

市の中心に公園があるのでどの方角からも行きやすいのが特徴です。公園は建物が少なく、大きな池と芝生が広がる公園なので何処からでも花火が見えます。とても大きく迫力があるので見応え十分ですよ。

 

車イスのは方専用の観覧場所もありますし、ゆったり花火を楽しみたい方は有料の個人協賛シート(¥2.000)があるのでそこからのんびり花火を鑑賞することが可能です。

 

 

 

春日井市民納涼まつり 2017年のおすすめポイント

 

私のお勧め観覧場所は公園ではなく総合体育館です。シャトルバスが出ている場所になるのですが、総合体育館の駐車場から打ち上げ花火が見えます

 

ここは駐車場も多いので停めやすいですし、何より人が少ないのが嬉しいです。

 

お祭り会場ではないので屋台はありませんが、コンビニで買った食べ物をつまみながら花火をみてゆったりできるのでお勧めです。

 

会場の帰り道はとても混みます。普段30分で行けるところが1時間半かかります。そういった混雑を避けるために私はここ数年は体育館から見ることが多いです。

 

会場に行った際、花火大会の後にお勧めしたい中華料理店があります。会場の傍には国道19号がすぐ近くに走っています。その19号を名古屋方面にすすむと<梅園>という中華料理店があります。夜中2:30までやっているのでお祭り後でも十分間に合います。

kasugai_baien

そのお店の台湾ラーメンがお勧めです!名古屋名物でもある台湾ラーメンが380円の安さで食べれます。

 

辛さの中に甘みのあるスープが美味しくて癖になります。他にも青菜炒め、唐揚げなど中華の定番がどれも美味しく食べられますよ!!

 

お祭り後のビールを1杯飲みなおすには場所も値段もぴったりのお店です。

なこそ鮫川花火大会2017 日程と見どころ 

なこそ鮫川花火大会2017 日程と見どころ 

なこそ鮫川花火大会 2017の開催予定

 

2017年7月22日(土曜日)、打ち上げは20時からを予定しています。

 

・福島県いわき市勿来地区の夏祭り

・なこそ夏まつり(今年は第35回いわきおどり勿来大会・第21回なこそ鮫川花火大会・サンバパレードが同時開催の予定)

 

と一緒に開催される花火大会がなこそ鮫川花火大会です。

 

「なこそ鮫川」の名の通り、勿来地区を流れる鮫川の河川敷で催される花火大会なのですが、平地で視界を遮るものがないまったくない場所ですので、悠々と観覧できるのがポイント。

 

花火そのものは雄大かつ盛大ですが、音楽に合わせての打ち上げといった派手なパフォーマンスはありません。その分、とてもシンプルで心地よい花火です。

 

家族連れやカップルなど幅広い年代の人が訪れる人気のスポットで、屋台もおなじみの焼きそばなどの粉ものから、ドリンク、カキ氷、焼き鳥、明太子入りのじゃがバターなどなど、ありとあらゆるジャンルがそろっているため、観覧のお供の購入にも事欠きません。

 

 

 

なこそ鮫川花火大会2017の交通規制について

 

花火の打ち上げは20時からなのですが、17時頃から始まるサンバパレードいわきおどりなどにぎやかで交通規制があるイベントと一緒の開催なので、車での移動がかなり厳しく制限されてしまいます。

 

なこそ鮫川花火大会の会場へは、公共機関(JR常磐線 勿来駅下車徒歩5分)を利用するのが一般的だと思います。

 

なお、車の場合は常磐道勿来ICから11分ほどの位置ですが、一般道はかなり混雑するため、余裕を持ってお出かけされることをおすすめします。

 

私の場合は自家用車での来場を予定していましたので、イベント開催より早めの16時頃に近くのスーパーに駐車し、買い物をしながら時間まで過ごしていました(この時点で車の数が増え、渋滞し始めていました)。

 

 

観覧場所は主に鮫川の河川敷になります。併設のベンチなどもありますが、ほとんどの方は原っぱに腰を下ろしての観覧でした。大きめのピクニックシートや折りたたみの椅子があると便利です

 

昨年2016年は7月30日と夏真っ盛りの開催で、日中はとても暑かったのですが、花火大会の時間帯になると涼しくなってきて、さらに水辺とあってだいぶ冷え込みました。薄手の羽織やブランケットなどを用意していくと安心だと思います。

 

当時付き合っていた彼と出かけたので、「寒くなってきたねー」などと言いながら肩を寄せ合って暖を取るのも嬉しかったですが(笑)私達の座っていた場所は対岸の業務用ライト(大きなものが何基も設置されています)がまぶしい位置だったのが唯一残念でした

 

が、川の水面に移った花火がまた趣深く、打ち上げの数も多すぎず少なすぎず、ちょうどよいサイズ感のイベントだと感じました。

 

同時期に開催される小名浜の花火大会と比べると、客数はやや少なめなのでゆったりと楽しみたい方向きかも知れません。