カテゴリー:2017年8月の花火大会の記事一覧

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

カテゴリー:2017年8月の花火大会

松山港まつり 三津浜花火大会 2016 日程と穴場ガイド

松山港まつり 三津浜花火大会 2016 日程と穴場ガイド

松山港まつり 三津浜花火大会 2016の開催日程

 

2016年8月7日(日曜日) 打ち上げは20:00からを予定。

 

三津浜花火大会は、愛媛県松山市で毎年開催されている県内最大級の花火大会です。

 

2016年は第66回目を迎えます。打ち上げ場所が海の近くなので、周りに障害物がなく、きれいな花火が楽しめます。

 

当日は多くの屋台が出展し、来場者数も近年では20万人を超える規模です。松山市民にとって、花火大会と言えば、三津浜花火大会一択です。

 

付近には特設の鑑賞席として、前売り1200円の椅子や、3500円のテーブル席も用意されており、ゆったりと鑑賞することが可能です。

 

三津浜花火大会の穴場スポットは?

穴場スポットに関してですが、松山市は、市の条例で建物の高さに制限があります。そのため障害物が少なく、遠くからでも見えますし、市内中心部であれば、建物の屋上からでも見ることができます。

 

穴場というかおすすめの楽しみ方は、市内中心部のビルやホテルの屋上でビアガーデンが開催されている場所でゆったりビールを飲みながら観覧するのが私のおすすめ。

 

とくに、ホテルサンルート松山は、駅から近いため交通の便がよいのでお気に入りだったりします。

 

そのほかにも、三津は海の反対側が山になっているので少し上るだけでよく見えます。

 

おすすめは弁天山です。

 

また近くに空港があり、空港の周辺は建物がなく見晴らしがよいのでおすすめです。

 

空港の周辺には公園がたくさんあります。

 

また、三津浜中学校は地元民にとっての穴場スポットです。知る人ぞ知る場所なのですが、地元民が多く集まるため、人込みは避けられないかもしれません。

 

おすすめのアクセス方法

アクセス方法はいろいろあります。

 

東京や大阪方面からだと新幹線でしょうか。ですが、四国には新幹線がないため、JRへの乗り換えが必要になります。

 

夜行バスもありますが半日の移動になってしまうので、体力のある方に限定されます。

 

東京、大阪だとLCCもあります。時期によりますが電車やバスより安く行けますよ。空港から三津浜花火大会の会場が近く、バスで30分程度なので、最も良い方法かもしれません。

 

近隣の県からだと車での移動がおすすめです。当日は近くに無料の駐車場もあるので便利です。

 

松山観光もぜひ!!

 

せっかく花火を見に来るのであれば、ぜひ松山市内の観光も楽しんでいただきたいと思います。

 

先述したとおり、市内中心部まで近いのが魅力です。

 

松山市中心部には日本最古の温泉で聖徳太子も入ったといわれる道後温泉があります。

 

また、秋山好古、真之兄弟が有名になった坂の上の雲の舞台でもあり、松山城の側に坂の上の雲ミュージアムがございます。

 

他にも、松山は、夏目漱石や正岡子規など、多くの文豪、俳人のゆかり地でもありますので、文学の町をぜひご堪能ください

勝毎花火大会 2016の日程と穴場観覧ガイド

勝毎花火大会 2016の日程と穴場観覧ガイド

勝毎花火大会 2016の開催日程

 

2016年8月13日(土曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

結構前に花火大会のランキングTOP10入りをしていました。北海道帯広市の勝毎花火大会です。

 

勝毎花火大会の特徴は、音に合わせて花火が打ち上がる。それと音楽とレーザーと花火で空を彩ることです。

 

席、見やすいスポットについて

 

有料席は17000円〜4000円まであります。ファミリー席、ペア席、自由席と分かれています。

 

十勝に住む方優先の席、一般開放席とあります。

 

いろいろなランク毎の席があります。有料席と別に、無料席もあります。整理券がいるエリア、チケットが必要ではないエリア、体の不自由な方のエリアがあります。

 

近くで、大迫力で見たい!そういう方には、チケットが必要ではない一般開放エリアがおすすめです。

 

その他は大橋の上から見る花火(花火大会仕様になっています)音更町側の河川敷に入る前の道路です。

 

花火大会の日はほとんどそこは車の立ち入りはないので、安全に見られます。

 

帯広側では、警察署と児童保健センターの間の道路から入って行き、奥まで行くと公園があります。そこの公園も結構人がいますが、安全に安心して見られます。

 

ちょっと歩けばすぐに出店もあります。会場内(河川敷)ではないと、小さい花火や、ナイアガラが見えないことがあります。

 

勝毎花火大会2016のアクセス情報

 

花火大会前日から、各地より来る方が結構います。道内から、本州、九州からという方もいらっしゃいます。

 

車は本当に渋滞です。

 

当日から来る場合は、渋滞になる覚悟が必要。肝心の花火大会に間に合わないかもしれないということを考えたほうがいいです。

 

それから、宿泊です。ホテルは満室だらけです。ラブホテルも満室になります。

 

なので遠方から来る場合は、早めに抑えといた方がいいです。早い方では今年の花火大会が終わった直後に、来年の予約もすると聞きました。

 

それくらい満室になるということです。

 

帯広に来たからには

帯広に来たからには、豚丼!という方もいると思います。いいえ!私はインデアンカレーをおすすめします

カレーです。でもふつうのカレーとは違います。お値段もお手頃価格なので、500円以内で食べれたりもします。

 

3種類のカレールーがあります。インデアンルー、ベーシックルー、野菜ルーとあります。メニューも様々で、トッピングもあります。

 

私のおすすめは、インデアン野菜チーズです。インデアンルーに野菜ルーを混ぜ、トッピングにチーズです。

 

インデアンカツも美味しいです。ガッツリ行きたいときはこれがおすすめです。

 

行かれる場合は、早めに行ったほうがいいです。ルーが売り切れるとお店は閉店してしまうので、早めにです。

 

18時に行っても、もう、ルーがありませんということがあります。それほど人気です。

 

帯広人からしたら豚丼より、インデアンです。地方の方からしたら、なぜ、ここに来てカレーを?と思うかもしれませんが、私からしたら、豚丼は食べに行かないで、家で作る。そういう考えです。

 

帯広の多くの人はそういう考えだと思います。家に、豚丼のタレがあるくらいです。帯広に来た際にはぜひ、インデアンに行ってみてください。

手賀沼花火大会 2017の日程と穴場観覧ガイド

手賀沼花火大会 2017の日程と穴場観覧ガイド

手賀沼花火大会 2017の開催日程

 

2017年8月5日(土曜日) 打ち上げは19:00からを予定。

 

手賀沼花火大会は、都心部や茨城県からもアクセス良好な千葉県柏市と我孫子市にまたがる手賀沼で開催される花火大会です。

 

2つの市が共同で打ち上げる花火大会のため、打ち上げ本数も10,000発以上と千葉県内では比較的大規模な花火大会で見ごたえがあります。

 

公式の観覧開場は3か所用意されていて、有料スペースの他に無料で見れるスペースが広く用意されていますが、公式に公開されている場所なだけあって、テレビ中継されていたり、出店が出ているためか、例年大混雑してしまいます。

 

最寄のJR柏駅やJR我孫子駅からの人の流れも、この公式の観覧開場へ向かって人の流れが出来るために、移動も困難になります。

 

人通りも多いため、落ち着いて見ることが出来ず、この公式観覧開場はあまりおすすめ出来ません。

 

当日のアクセスは、手賀沼一体の道路が全て夕方から通行止めの規制のなってしまうため、最寄の柏駅か我孫子駅で下車したあとに徒歩などで移動することになります。

 

しかし、どちらの駅からも花火がよく見える手賀沼周辺までは徒歩30分以上かかってしまいます。

 

手賀沼花火大会の穴場アクセスは北柏駅!

そこでおすすめのアクセス方法は、JR北柏駅で下車します。そこから徒歩で10分程で手賀沼に突き当ります。

 

北柏駅で下車すると、柏駅方面と我孫子駅方面に用意された公式開場の丁度まん中に着くことが出来るので、比較的混雑も緩和されています。

 

北柏駅下車後、まっすぐ一本道を歩くだけなので、初めての方でも迷わずに到着することが出来ます。

 

ここでおすすめの観覧スポットは、北柏駅下車後徒歩10分程歩いて手賀沼に突き当ったところにある「北柏ふるさと公園」です。

 

公式開場ではありませんが、比較的混雑する観覧エリアであるため、公園内には入らずに手前にある道路で見ることです!

 

手賀沼花火大会では周辺道路が全て通行止めとなっているため、道路の淵に座って見ることが出来るのです。

 

北柏エリアでは、道路から手賀沼までの間が畑になっているため、視界も良好!

 

手賀沼花火大会は、風向きに合わせて打ち上げ場所が変わる可能性もあるので、観覧場所選びには注意が必要なのですが、北柏エリアですと、どこから打ちあがっても遮るものなく綺麗に見えるのです。

 

北柏駅下車後に歩く道には、コンビニもあるので買い出しにも便利です。

 

花火が始まってしまうとかなりの混雑が予想される「北柏ふるさと公園」ですが、中にはじゃぶじゃぶ池もあり、小さな子供に大人気のスポットです。

 

少し早く着いたらぜひ、子供は水遊びも楽しんでください!

花火スペクタキュラ ミスティノーチェの観覧ガイド2017

花火スペクタキュラ ミスティノーチェの観覧ガイド2017

花火スペクタキュラ ミスティノーチェは壮大な花火エンターテイメント!

 

2017年7月8日~9月23日

 

花火スペクタキュラ ミスティノーチェは愛知県蒲郡市にあるラグーナテンボス(テーマパーク)内で行われる花火ショーともいえるものです。

 

通常の一般的な花火大会とは違うのかもしれませんが、以前ヒルナンデスで、花火マニアが見るべき花火大会のひとつとして紹介していたので、花火大会としておすすめしたいと思います。

 

花火スペクタキュラ ミスティノーチェは一言で言うならば音楽にのせて行われる花火と水と炎のショーといったところでしょうか。

 

パーク内にあるプールを舞台に行われるショーなので、噴水はでるは、炎は噴射するは、花火は上がるは、手前の舞台で人が踊るは、プロジェクトマッピングの映像がでるは、できること全てやりました的な壮大な催しです。

 

花火スペクタキュラ ミスティノーチェの観覧ポイントは有料になるのですが1階の有料席です。朝、オープン時から販売を始めるのですが人気のため早めに行くことが求められます。

 

この1階の有料席はショーが行われる舞台の目の前に設置された席で、実際に座ったのですが、さすがはお金を払った分(大人ひとり700円)はあるなと感じました。

 

ショーで踊る人の後ろに噴水と炎と花火と一番きれいに見える並びで見えましたし、音楽の臨場感が大変良かったように思います。

 

有料?ということで躊躇してしまうこともあるかもしれませんが、お金を払う価値はあると思います。

 

あとは3階にも有料の立ち見席があるようですし、レストランから見れる場所もあります。

 

ラグーナテンボスはプールが人気のテーマパークなため、朝からプールで遊んで昼からアトラクションを遊び、夕食を食べた後、夜から花火ショーを見るという流れで1日中楽しむのが定番の遊び方。

 

それだけに観客が非常に多いですし、パークの多くの場所から見えるのですが、正面から見える有料席はショーをすべて楽しむことができお勧めです。

 

アクセス方法はテーマパークということで駐車場は大変広く多くの駐車台数を確保されています。

 

ただ花火後は帰っていく車の渋滞となりますので注意が必要です。

 

交通機関での行き方はJR蒲郡駅から無料シャトルバスが出ているのと、夏季は名古屋駅から直通のバスが出ます。

 

まあテーマパークですし花火を見るのに入場料を払わなくてはいけないので、どうせなら朝から一日中遊ぶつもりでプールに行ったり、アトラクションで遊んだり、隣接する魚市場で食事したりして過ごすのがいいと思います。

 

また今年は砂浜に設置された巨大なエア遊具場 ビーチパークでも遊べるようですし、水着のままジェットコースターに乗れるのも面白いです。

 

アクセスがあまり良くないかもしれませんが、この花火を見に行くだけの価値はあると思います。