カテゴリー:関西の花火大会の記事一覧

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

カテゴリー:関西の花火大会

おんぱら祭奉納花火大会2016の日程と観覧ガイド

おんぱら祭奉納花火大会2016の日程と観覧ガイド

おんぱら祭奉納花火大会 2016年の開催日程

 

2016年7月31日(土曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

おんぱら祭奉納花火大会は、三輪明神=大神神社の神事の一環として行われます。

 

最初に花火鑑賞する方法は二通りあります。JR線三輪駅下車して、大鳥居方面に進む。

 

もう一つは、近鉄JR桜井駅から奈良交通バスに乗車して、三輪参道口下車するかのどちらかです。

 

おんぱら祭当日は、臨時のバスがピストン輸送しているので、バス乗車がお勧めです。

 

夜19:30から大鳥居周辺から鑑賞することが出来ます。それまで綱越神社祭(おんぱらさん)のおはらいを受けると良いでしょう。

 

おんぱらさんは小さな社です。大鳥居南側にある摂社です。夏を無病息災で過ごす過ごすことを祈る夏越の祓いです。

 

綱越は夏越がなまったもの、おんぱら祭も御払いがなまったものとされています。花火発射の前に、おんぱらさんでおはらいをされるので、これを受けると良いでしょう。

 

なお、おんぱらさんの近くでは、大ステージが特設されて、地元の年輩女性によるそうめん音頭など、盆踊りをされるようです。その他民謡があったりします。

 

それと何も知らない人がやりがちなこととして、車で三輪明神の大鳥居に近づく人が居るかと思いますが、これはやってはいけません。と言うのは、桜井警察署職員や地元警備員が、赤色灯でそのまま桜井方面か天理方面に行くように指示されます。

 

よって、電車かバスの乗り継ぎが良いかと思います。

 

おんぱら祭では、露店がたくさん出店しています。おなじみタコ焼き、お好み焼き、綿菓子、から揚げなどのジャンクフードが多いです。変わったものと言えば、大鳥居の南側に、みむろのモナカが売っているんですよ。

 

昭和26年には昭和天皇香淳皇后に、昭和28年には東宮御在位時の天皇陛下に進呈したそうです。一個80円なので、せっかくならつまんでみると良いでしょう。

 

 

お勧めの観覧ポイントと言えば、三輪駅北側踏切を西側に下った場所が良いです。

 

ブログの撮影にはどうしても三輪の大鳥居と一緒に花火を撮影すれば、閲覧者から高評価を頂けるようです。

 

芝運動公園周辺の田園から打ち上げるのだが、やはり大鳥居下から見学する人も居ます。

 

理由はステージを見学しながら、花火も一緒に見ると言った具合です。なお家族連れにお勧めポイントが、無料駐車場からの見学です。

 

ここに携帯折り畳み椅子を持参するのが良いようです。ただここに何も敷かずに座るのは止めた方が良い。理由は昼間の直射日光によって、アスファルトが熱を帯びていて、夜でも座ると尻があせもが出来るからです。

 

花火は20:00で終了です。終了したらバスで桜井駅までピストン輸送します。なお露店は21:00までの営業となっています。

 

 

みなとこうべ海上花火大会2016の日程と観覧ガイド

みなとこうべ海上花火大会2016の日程と観覧ガイド

みなとこうべ会場花火大会 2016年の開催日程

 

2016年8月6日(土曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

みなとこうべ海上花火大会は神戸港沖(新港突堤とメリケンパーク間の南側海上)で打ち上げられる、神戸の夏の風物詩的花火大会です。

 

場所で言うとJR・阪神元町駅または地下鉄海岸線旧居留地・大丸前駅の南側が打ち上げ場所となります。

 

神戸を映像で表す際に必ず出てくるポートタワーや神戸海洋博物館(カワサキワールド)、ホテルオークラ、神戸メリケンパークオリエンタルホテルなどが立ち並ぶ一角で夜景が大変美しい場所なのですが、この沖合すぐで打ち上げられるのでこれらの夜景群をバックに花火を見るのがおすすめです。

 

なので打ち上げ場所より東の方から見るのが鉄板です。打ち上げ場所の東側となるとポートアイランドという人口島があって、その西側から見るのが一般的。

 

ポーアイしおさい公園がロケーション的には最高の場所です。

 

三宮からポートライナーに乗って中公園駅かみなとじま駅下車が便利です。同じくポートアイランド北公園も良い場所だと思います。

 

こちらはポートライナー中公園駅下車となります。神戸港とポートアイランドを結ぶ神戸大橋の歩道から見るのも良いと思います。

 

ただしこれらの場所はかなりの人出で大混雑は必至です。

 

みなとこうべ会場花火大会 穴場スポットはズバリ神戸市役所

 

神戸は山と海が近い細長い街です。その狭い間にビルが立ち並んでいるから夜景がきれいなのですが、そのビルの上から見れれば花火を堪能できるわけです。

 

そこでおすすめなのが神戸市役所です

 

三宮駅から徒歩7~8分の距離であり大変便利な場所にあるのですが、この神戸市役所1号館の24階に展望台があるのです。

 

ここからは神戸港も街並みも一望できる素晴らしい眺望がってお昼に来ても楽しめる所なのですが、このみなとこうべ海上花火大会のために設けた展望台ではないかと思うほどピッタリの場所なのです。

 

この市役所の展望台のある階には2軒お店がありますが、そのうちの1軒の韓国料理レストランも花火大会の眺望には適しています。

 

神戸は細長い街ゆえにどうしても花火大会周辺はごった返します。

 

そこで花火大会の会場である海のそばを離れて、山の上から花火を見ると言うのもなかなかオシャレなんです。

 

例えば新神戸駅からも近い布引ハーブ園もその一つです。新神戸駅周辺のコインパーキングに車を止めて、布引ハーブ園へはロープウェイであがります。

 

花火が始まるまでの間はハーブ園のハーブや草花を楽しんで、夜は花火を楽しむと言うのもアリだと思いますよ。

 

こちらも新神戸駅から近い、異人館街にある港みはらし台も良いですよ。坂道を歩いて登らなければいけませんがロケーションは最高です。

 

神戸北野天満神社もおすすめスポットです。

 

こちらも異人館街の一角にあって港が一望できます。

 

山の上から花火を楽しむ。神戸の夜景の中から打ち上げられる花火はなかなかの絶景ですよ。ぜひ参考にしてください

天神祭奉納花火2016の日程と観覧ガイド

天神祭奉納花火2016の日程と観覧ガイド

天神祭奉納花火 2016年の開催日程

 

2016年7月26日(月曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

天神祭は、大阪市の中心部にある大阪天満宮を中心として開催されます。花火大会はそのクライマックスとして最も人気のあるイベントです。

 

天神祭奉納花火の当日は近隣の大川に100隻にもなる船が登場して花火と一緒に見物できるのが特徴です。

 

天神祭奉納花火 2016のおすすめ観覧ポイント

天神祭奉納花火は、大阪市の中心部で打ち上げられますし、航空機の航路の関係で花火が高くまで打ち上げられません。

 

そのため、開催場所から離れてしまうと高層ビルで見えなくなってしまいます。

 

花火は大川という川沿いで打ち上げられますので、大川にかかっている橋から観覧するのがおすすめです。

 

川崎橋は、花火大会の日には歩行者天国になるため、観覧しやすいポイントです。近くにお手洗いがあるので安心して観覧できます。

 

桜宮橋は、当日は大変な混雑になりますが、国道1号線ですので少し離れた駅からでも道に迷う心配がなく、すぐ近くで屋台がたくさんならんでいますので、お祭りの賑やかさを味わえます。

 

都島橋は、開催地の北側の橋で、花火の打ち上げ地点を挟んで向こう側に大阪城が見えます。大阪城はライトアップされて同時に楽しめますので、他府県から観光で来た方にはおすすめのポイントです。

 

 

 

屋台やお祭りの雰囲気を楽しむには?

 

天神祭の特徴のひとつは、花火と共に大川に登場する船団ですが、この船が登場する大川沿いはかなりの距離が公園となっています。

 

花火大会の当日はこの地帯にたくさんの屋台が並びますので、お祭りの雰囲気を存分に味わいたいならば、桜ノ宮公園の中に入っていくのがおすすめです。ただし当日は日付が変わる深夜まで大変混雑しますので、場所取りをするなら早めに到着しておいた方がよいでしょう。

 

桜ノ宮公園は国道1号線からやや北の場所に野球場があり、広いスペースがあり、定番スポットとなっています。

 

天神祭奉納花火のアクセス

 

電車でのアクセスは、大阪環状線の桜ノ宮駅が最寄ですが、普段から乗客が多い路線ですので花火大会の当日は大変な混雑になります。入場規制となり電車に乗れない可能性もありますので他の路線を利用するのがおすすめです。

 

特に混雑するのは、大阪環状線の大阪駅から京橋駅の区間です。観覧スポットに近く、比較的空いていると思われる駅は、JR東西線の大阪城北詰駅か、京阪電車の天満橋駅ですね。

 

当日は車道の交通規制がありますので、京橋駅で降りて歩くのもひとつの方法です。京橋駅から西へ徒歩10分ぐらい歩けば、桜宮橋や、屋台の並ぶ桜ノ宮公園に着きます。

 

天神祭に来たらギャルみこしは要チェック!

 

天神祭のその他のみどころに「ギャルみこし」があります。花火大会と並ぶ人気イベントとなるほど、ギャルみこしも大変有名なのです。

 

15歳から31歳までの若い女性限定で、80人程度のメンバーが紅白の印象的なハッピを着て、70kgにもなるみこしを担ぐというイベントで、地元でも毎年話題になります。

 

ギャルみこしは7月23日がメインですので花火大会の数日前ですが、天神祭では欠かせないイベントになっています。