カテゴリー:関東の花火大会の記事一覧

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

カテゴリー:関東の花火大会

よこすか開国祭 開国花火大会2017の日程と穴場ガイド

よこすか開国祭 開国花火大会2017の日程と穴場ガイド

よこすか開国祭 開国花火大会 2017年の開催日程

 

2017年8月5日(土曜日) 打ち上げは19:15からを予定。

 

よこすか開国祭 開国花火大会は横須賀の海上で打ち上げる花火大会なので、かなり広範囲でオススメ観覧スポットがあります。

 

よこすか開国祭 開国花火大会2016 オススメ穴場観覧スポット

 

よこすか開国祭 開国花火大会2017の観覧場所を紹介しますが、穴場としておすすめしたいのは、3番目の馬堀海岸沿いの護岸です。

 

が、いちおうメジャーなスポットから順番に説明していきます。

 

1、三笠公園

 

打ち上げ場所に1番近い場所です。迫力はもちろん、この公園自体がとても綺麗な公園なので、安心して見れる場所ですし、有料の観覧席も毎年用意されているので、小さいお子さん連れでも安心して観覧出来ます。

 

人の多さは、公園の奥は人混みで動けないほど多く、危険です。

 

行く時は必ず、始まる2時間前遅くても1時間前には、行かないといい所や場所は取れません。

 

アクセス京急線横須賀中央から徒歩10分です。周囲に比較的多く有料駐車場はありますが、かなり早めに駐車場を取ることを勧めます。

 

ですが車で行って帰りの時、毎回交通麻痺しているのでオススメしません。

 

 

 

2、うみかぜ公園

 

うみかぜ公園は海に面している公園ですから、窮屈が嫌な人にオススメです。安心して見れる範囲がとても広い公園です。

 

全体的に花火の様子が見れますし、比較的大きく花火も見られます。

 

人の多さは、かなり多くなります。周囲の住民の方や、公園ともあって人がここを目指しやすい場所にもなっているので、時間が経つほど込みます。

 

アクセス京急線県立大学から、徒歩15分です。駐車場は付いていますが、花火大会の規制がかかるかもしれませんし、周囲に駐車場は少ないです。

 

3、馬堀海岸沿いの護岸

 

1番のオススメです。花火大会会場からは離れていますが、花火はしっかり見れますし鼓動も感じれるほどです。

 

東京湾一望しながらの花火大会を観覧できますし、そして直線で2キロ近く綺麗に護岸整備されていて、ベンチも所々に付いてるので2人でゆったり見たい方にかなりオススメです。

 

人の多さは比較的少なめ、というより2キロも護岸になっているので、人混みはほぼしないほど、広くゆったりです。

 

アクセス京急線馬堀海岸、京急大津から徒歩10分です。

 

車でのアクセスは、あまりオススメしません。

 

周囲の駐車場は、馬堀海岸の西友に大きめの駐車場があり、駐車のみの利用が出来ますし、海岸まで5分なので、駐車するならここをオススメします。

 

路駐をすると、警察官が循環しているので、動かすように放送されるかもかもしれません。

 

この3つのポイントは、それぞれ特徴あるので、自分の利用目的に合った場所を選んで利用するといいです。

 

補足で横須賀米軍基地等も、この花火大会の日に特別開放しているので、お昼に訪問すれば、独自の屋台やピザ等もありますし、三笠公園にも近いです。

前橋花火大会2017の開催日程と観覧ガイド

前橋花火大会2017の開催日程と観覧ガイド

前橋花火大会 2017年の開催日程

2017年8月12日(土曜日) 打ち上げは19:00からを予定。

 

毎年行われる群馬県の花火大会の中でも、最も打ち上げられる花火大会です。開催される場所は利根川大渡橋周辺河川敷。

 

川面に沿って花火が打ち上げられるので周りとのコントラストがとても綺麗だ。次々と上がる花火、息もつく間もないくらい見入ってしまうことでしょう。

 

きっと癒されること間違いなし!!

 

 

前橋花火大会 2017年の観覧ガイド

 

前橋花火大会の会場となっている利根川大渡橋周辺河川敷には屋台が立ち並び、情緒たっぷりの花火大会を味わうことが出きます。花火に飽きてしまった子供達もそこでおもちゃなど売ってるので遊んだり楽しめます。

 

花火大会の日には、お笑い芸能人の方などお見えになり一緒になってイベント、群馬県を盛り上げて頂いております。

 

近くに県民球場や敷島公園、前橋公園、グリンドームなど隣接してありそこでも花火大会を楽しめます。

 

家族連れ、友達のグループ、団体で鑑賞する場合、皆さんシートや椅子やテーブルを持参してバーベキュウしたりしながら夏の夜を満喫しています。

 

駐車場も無料で時間制限もありませんのでゆっくり花火を最後まで楽しめます。ただ、県内各地からいらっしゃるので非常に混みます。時間は19:00~21:00まで。

 

 

 

行きも帰りも込みますので、時間に余裕を持って来て頂けたらと思います。

前橋花火大会 2017年の観覧ガイド

 

アクセスは、電車でくる場合JR前橋駅発➡渋川駅経由のバスに乗り群大入口を下車➡徒歩で15分位。

もしくは、前橋駅から臨時バスが出ていますのでそちらを利用して頂けると便利かなと思います。

車で来られる場合➡国道17号、県道105号経由で来られます。16時くらいから交通規制がでて混みます。なるべく早めの行動を取られる方がいいと思います。

駐車場探すだけでも疲れてしまいますものね。

ここだけのお話し。近くに、ご飯屋さんなどが集まってる場所がありますのでそこの駐車場を運が良ければ止められますよ。そこからでしたら徒歩で5分位で行けます。おすすめな観覧ポイント、私は球場です。

高い所から座って見られ邪魔する障害物がなく花火がきれいに見られます。

ただ、一番最後にこの花火大会の名物ともいえる「ナイアガラの滝」はみられないのは残念ですが。

でもトイレも近いですし、小さいお子さん連れの方には探す手間もないでいいと思います。

高校生の頃、初めてできた彼。部活が忙しく、夏休みなかなか会えず寂しい思いをしてましたが、この花火大会だけは、一緒に自転車に乗って出掛けた思い出もあります。暫く続いていましたが、淡い恋は泡となって消えていきました。

幕張ビーチ花火フェスタ2017 日程と観覧ガイド

幕張ビーチ花火フェスタ2017 日程と観覧ガイド

幕張ビーチ花火フェスタ 2017年の開催日程

 

2017年8月5日(土曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

幕張ビーチ花火フェスタ2017は千葉市の海浜幕張公園で開かれる花火大会です。15000発も打ち上げられる花火は大変美しく、毎年多くの人で大混雑しています。

 

 

 

幕張ビーチ花火フェスタ2017 穴場の観覧ポイント

 

この幕張ビーチ花火フェスタ 一番のおすすめの観覧ポイントは、ビーチ席Cです。こちらは3000円の有料の席にはなってしまうのですが、この幕張ビーチ花火フェスタならではの海上花火を一番間近で楽しむことができます。

 

そして、少しこの金額が高いなと感じる人には、シーサイド席をお勧めします。この席はビーチ席Cの隣に位置し、ここからでも十分海上花火を楽しむことができます。

 

これらの他にも有料席には、ビーチ席A、メッセサイド席、スタジアム席などがあります。席を確保してゆっくり花火を楽しみたいという人は、早めにチケットを入手することをお勧めします。

 

幕張ビーチ花火フェスタ2017 アクセス

 

幕張ビーチ花火フェスタへのアクセスですが、京葉線の海浜幕張駅から歩いていくことができますでの、この駅を利用するのが一番便利です。

 

徒歩15分程度ですので、子供でも儒文歩ける距離です。

 

しかし、当日は相当混みあいますので、混雑を少しでも避けたいという人は、総武線幕張駅からバスを利用することをお勧めします。

 

幕張ビーチ花火フェスタでは特に駐車場を用意していないので、車で来ることはお勧めしません。しかし、少し高い金額を払ってもいいという人には、周辺のホテルの駐車場も利用することができます。

 

 

幕張ビーチ花火フェスタの前にぜひ立ち寄ってい欲しいのが、イオン幕張新都心です。これは数年前にオープンしたばかりの日本でも最大級のイオンショッピングモールです。

 

全長2キロもあり、ペットモールやファミリーモール、吉本劇場など家族で楽しめる施設がたくさんあります。

 

一日あっても見回りきれない広さですが、せっかく幕張に来たのであれば、ぜひここでショッピングや食事をすることをお勧めします。

 

私はこの幕張ビーチ花火フェスタで素敵な思い出があります。私は8月生まれなんですが、数年前この花火大会が私の誕生日の前日の時がありました。

 

花火大会には当時付き合っていた彼氏と行く約束をしていたのですが、彼と駅で合流すると、彼は会場の方ではなく、アパホテルに向かうのです。

 

そして、今日はここで花火を見るからね!といって、私の手を引いて部屋に案内してくれました。その部屋は、海側に面していて花火を見るには最高の部屋でした。

 

そして、2人っきりで花火を楽しみ、ロマンチックな夜を過ごしながら、誕生日を迎えました。このサプライズは今でも私の中で一番ですし、素敵な思い出として大切にしています。