カテゴリー:関東の花火大会の記事一覧

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

カテゴリー:関東の花火大会

手賀沼花火大会 2017の日程と穴場観覧ガイド

手賀沼花火大会 2017の日程と穴場観覧ガイド

手賀沼花火大会 2017の開催日程

 

2017年8月5日(土曜日) 打ち上げは19:00からを予定。

 

手賀沼花火大会は、都心部や茨城県からもアクセス良好な千葉県柏市と我孫子市にまたがる手賀沼で開催される花火大会です。

 

2つの市が共同で打ち上げる花火大会のため、打ち上げ本数も10,000発以上と千葉県内では比較的大規模な花火大会で見ごたえがあります。

 

公式の観覧開場は3か所用意されていて、有料スペースの他に無料で見れるスペースが広く用意されていますが、公式に公開されている場所なだけあって、テレビ中継されていたり、出店が出ているためか、例年大混雑してしまいます。

 

最寄のJR柏駅やJR我孫子駅からの人の流れも、この公式の観覧開場へ向かって人の流れが出来るために、移動も困難になります。

 

人通りも多いため、落ち着いて見ることが出来ず、この公式観覧開場はあまりおすすめ出来ません。

 

当日のアクセスは、手賀沼一体の道路が全て夕方から通行止めの規制のなってしまうため、最寄の柏駅か我孫子駅で下車したあとに徒歩などで移動することになります。

 

しかし、どちらの駅からも花火がよく見える手賀沼周辺までは徒歩30分以上かかってしまいます。

 

手賀沼花火大会の穴場アクセスは北柏駅!

そこでおすすめのアクセス方法は、JR北柏駅で下車します。そこから徒歩で10分程で手賀沼に突き当ります。

 

北柏駅で下車すると、柏駅方面と我孫子駅方面に用意された公式開場の丁度まん中に着くことが出来るので、比較的混雑も緩和されています。

 

北柏駅下車後、まっすぐ一本道を歩くだけなので、初めての方でも迷わずに到着することが出来ます。

 

ここでおすすめの観覧スポットは、北柏駅下車後徒歩10分程歩いて手賀沼に突き当ったところにある「北柏ふるさと公園」です。

 

公式開場ではありませんが、比較的混雑する観覧エリアであるため、公園内には入らずに手前にある道路で見ることです!

 

手賀沼花火大会では周辺道路が全て通行止めとなっているため、道路の淵に座って見ることが出来るのです。

 

北柏エリアでは、道路から手賀沼までの間が畑になっているため、視界も良好!

 

手賀沼花火大会は、風向きに合わせて打ち上げ場所が変わる可能性もあるので、観覧場所選びには注意が必要なのですが、北柏エリアですと、どこから打ちあがっても遮るものなく綺麗に見えるのです。

 

北柏駅下車後に歩く道には、コンビニもあるので買い出しにも便利です。

 

花火が始まってしまうとかなりの混雑が予想される「北柏ふるさと公園」ですが、中にはじゃぶじゃぶ池もあり、小さな子供に大人気のスポットです。

 

少し早く着いたらぜひ、子供は水遊びも楽しんでください!

足立の花火 口コミ

足立の花火 口コミ

足立の花火の口コミは?多くの人を魅了する大人気花火大会

足立の花火大会は東京でも一、二を争う人気の花火大会です。大人気の花火大会を一目見ようと、毎年多くの人がこの花火を鑑賞しています。

 

そして花火を実際に見た人は、ネットに口コミをあげているのです。

 

では実際に花火を見た人はどんな口コミを投稿しているのでしょうか?

 

足立の花火はとにかく大迫力!

 

最も多かったのが「大迫力」という口コミです。

 

「こんなにも大迫力な花火を見たことがない」

「間近で見られるから大迫力の花火を楽しめた」

「大迫力な上にどこの花火大会よりも綺麗で最高」

 

足立の花火に寄せられる花火の口コミはどれも最高評価の物ばかりです。

 

打ち上げ場所側にある河川敷から見る人も反対側の河川敷から見る人も、どちらも大迫力な花火だと感じたようです。

 

 

場所によっては意外にゆったりと鑑賞できる

 

河川敷でゆっくりと座ってみることができたという口コミも目立ちます。

 

「打ち上げ場所の反対側の河川敷はゆっくりと座って見ることができた」

「会場の土手が広いため、遅れていっても意外に座ることができる」

 

こういった口コミもあります。

河川敷はとても広いため、どのあたりに座るかによっても大きく変わるようです。

 

打ち上げ場所側にある河川敷に向かう人は、なるべく空いている場所を見つけることが重要ですね。

 

反対側の河川敷は開始時刻ギリギリについても座る場所を確保しやすいようなので、ぜひ覚えておきましょう。

 

花火が始まる前に飲み物や食べ物を調達!

 

花火大会の基本動作?かもしれませんが、会場につく前に飲み物や食べ物はきちんと揃えていった方が良いという口コミもありました。

 

「座る場所によっては露店が全くないところもあるので、露店を見つけたら買っておいた方が良い」

「商店街でも食べるものや飲み物を買えた」

 

河川敷周辺には露店がない場所も多いので、河川敷につく前に必要な物を用意しておきましょう。

 

暑い時期なので飲み物は必須、また虫よけや雨具も忘れずに準備したいですね。

 

また花火大会の後はゴミがすごいという口コミも多いので、ごみが出たら自分で持ち帰るか指定のごみ箱に捨てるようにしてくださいね。

 

足立の花火大会に関する口コミは大満足という人が多い

 

足立の花火はとにかくすごいという口コミが多く見られました。

 

雨で中止になったり風がすごかった年もあるようですが、それでも大満足という人が多かったですよ。

 

ただ風がとても強い時は、花火の残骸が河川敷に落ちてくることもあるようです。

 

打ち上げ場所側(北千住方面)の河川敷から見る予定の人は十分に注意しておきましょう。

 

多くの人が最高という口コミを残しているので、今年の花火大会の始まりはぜひ足立の花火大会に行ってみてくださいね。

 

夏の始まりにふさわしい花火大会を満喫できるでしょう。

 

2016年は音楽とのコラボレーションもあるので、音楽好きも必見ですよ。

足立の花火 2017 エイベックスとのコラボに注目!

足立の花火 2017 エイベックスとのコラボに注目!

足立の花火2017は知れば納得の見どころ満載!

 

東京の足立で行われる足立の花火大会はとても人気があり、毎年多くの人が花火を見に会場に集まります。

 

東京ではいくつかの花火大会がありますが、その中でも足立の花火は東京でトップクラスの人気を誇る花火大会なのです。

 

ではなぜ足立の花火はそこまで人気なのでしょうか?

 

足立の花火大会が人気な理由について紹介します。

 

足立の花火大会は東京でも最も早い時期にある

 

足立の花火大会は開催時期が東京の花火大会の中でも最も早くなっています。2017年の開催日は7月22日ですが、

 

隅田川花火大会 2017年7月29日

 

葛飾納涼花火大会 2017年7月25日

 

いたばし花火大会 2017年8月5日

 

江戸川区花火大会 2017年8月5日

 

という具合に、足立の花火大会に続く形で都内各地の花火大会が順次開催されていきます。

 

「夏の花火は足立から…」というだけあって7月に開催されるので、まずは足立の花火大会を見てみようと考える人が多いことも人気の理由でしょう。

 

河川敷にゆったり座って花火鑑賞ができる

 

足立の花火大会の会場は荒川の河川敷です。

 

河川敷なので敷地がとても広く、たくさんの人が集まっても人に押しつぶされながら見なければならないということはないでしょう。

 

また滑らかな斜面が続いているので、ゆったりと座ることもできます。

ゆったりと座った状態で花火を見ることができるのも人気の理由の一つです。

 

 

 

高密度の花火を一時間楽しめる

 

足立の花火大会は何といっても花火の内容がとても充実しています。

打ち上げ総数は約1万3500発なのですが、それを一時間という短い時間で打ち上げるので高密度の花火を楽しむことができるのです。

また足立の花火の名物と言える特大ナイアガラやラストの黄金のしだれ桜など他では見ることのできない花火が目白押しです。

毎年行われている花火も多いですが、それでも人気なのはやはりその花火が何度でも見たくなるほどすごい花火だからです。

もし今年初めて行くという人がいたら、上記の特大ナイアガラと黄金のしだれ桜は必ず見ておきましょう。

来年も見たいという気持ちになりますよ。

 

 

2016年はエイベックスとのコラボで河川敷がライブ会場に!

 

足立の花火はプログラムがいくつかあり、毎年その内容が変わります。

 

2016年はエイベックスとのコラボとして、大ヒット曲が荒川の河川敷に流れます。花火とのコラボレーションもとても楽しみですね。

 

当日はサイリウムを配布してしますので、音楽に合わせてサイリウムをつけた腕を大きく振ってみてください。

 

ライブ会場にいるかのような気分も味わえますよ。

 

もしサイリウムがもらえなかったら、携帯でも構いません。光っているものを持って手を振ればきっと楽しめますよ。

 

 

初めての人から常連さんも毎年楽しめる足立の花火

 

足立の花火大会は見ておきたい花火から新しいプログラムまで見どころがたくさんあります。

 

去年見たという人でもプログラムが毎年変わるので、充分に楽しめるでしょう。何度も見ている人でも何度も楽しめるというのが足立の花火の人気の理由です。

 

今年2017年から参加という人も、ぜひ楽しみにきてくださいね。

足立の花火大会 2017 アクセス方法は?電車&徒歩で会場へ

足立の花火大会 2017 アクセス方法は?電車&徒歩で会場へ

足立の花火大会に行く際は、車を使わずに電車などで行く人が多いかと思います。

会場には駐車場がないため、車で行くとどうしても不便だからです。

では公共機関を使っていく場合、どのように行けばいいのでしょうか?

足立の花火に行く際のアクセス方法について紹介しましょう。

 

足立の花火大会会場へは電車・徒歩で

 

足立の花火の会場へはバス・電車・徒歩でアクセスする必要があります。
会場は荒川の河川敷なので、その周辺に向かえば花火を見ることができますよ。

 

まず電車の場合は、北千住駅から徒歩15分となっています。こちらは花火の打ち上げ場所側になりますので、大変混雑します。

 

少し遅れて会場に向かう人は、打ち上げ場所の反対側がおすすめです。反対側でしたら小菅駅・五反野駅・梅島駅から徒歩15分ほどで打ち上げ所の反対側の河川敷につきます。

 

反対側もそれなりに混みますし、反対側となるとあまり見えないのではと不安になるかもしれませんがそんなことはありません。
意外に間近で花火を楽しむことができるので、反対側からでも十分満足できるというひともたくさんいます。
打ち上げ場所から見たことがある人は、反対側の方から見てみてもいいですね。

 

当日は車両規制もあるためバスは運休になることも

 

会場までバスで行くこともできますが、当日は交通規制がありますので時間帯によってはバスが運休しています。

 

路線バスは午後6時から10時まで住桜木~足立梅田町間を運休します。

千住循環バスは車両規制が開始されたら終日運休となります。

 

バスは車両規制の関係もあるため、遅れて会場に行く人にはおすすめできません。早めに行く場合はバスも通常通り走っていますので、バスで会場付近まで向かうことができますよ。

会場へは自転車・オートバイはNG

 

花火会場から近場に住んでいる人の中には自転車で行こうと考える人も多いかと思います。
しかし自転車での来場は遠慮するようにホームページに書かれています。
またオートバイなども来場不可となっているので、電車や徒歩で会場まで向かうようにしてください。

花火大会当日は歩く時間も多いので注意

 

足立の花火は7月にあるということもあり、一年の花火大会はまず足立の花火からと考える人も多いでしょう。

 

そのためこの足立の花火には毎年多くの人が集まるのですが、やはり会場に向かうまでのアクセス方法で悩む人が多くいます。

 

特に花火大会の日は浴衣で来る女性も多く、普段から履きなれない下駄を履いていると思

います。そうなると長時間徒歩で歩くのはとてもツラいですよね。

 

なので、できるだけ楽な方法で行きたいものですが、当日は車両規制などの影響もあって電車や徒歩での移動がメインとなります。

 

2017年の花火シーズンの始まりともいえる足立の花火を見るために、頑張って歩いてきましょう。