カテゴリー:長野の花火大会の記事一覧

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

カテゴリー:長野の花火大会

2016佐久千曲川大花火大会 日程と穴場観覧ガイド

2016佐久千曲川大花火大会 日程と穴場観覧ガイド

2016佐久千曲川大花火大会の開催日程

 

2016年8月7日(日曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

佐久千曲川大花火大会の打ち上げ会場は千曲川河川敷です。千曲川は南東から北西へ流れており野沢橋を挟んで北東側の右岸に中込商店街、南西側の左岸に野沢商店街があります。例年約5万人がこの大会に訪れます。

 

打ち上げ数はワイドスターマインなど約3000発です。

 

仕掛け花火のナイヤガラは野沢橋を利用して行われます。今年2016年は特別に「手筒花火」の実演打ち上げが予定されています。

 

会場までのアクセス方法ですが、私は電車の利用をお勧めします。小海線中込駅から打ち上げ会場までは約300メートルです。

 

駅を降りて中込商店街を通り抜けます。商店街から打ち上げ会場まで路上では露店が出店されています。とてもにぎやかです。

 

電車を利用した場合は帰りの電車の時刻に注意してください。中込駅から佐久平方面小諸行きの最終電車は21時51分です。(実際のダイヤは確認してください。)

 

車の場合ですが、駐車場は中込と野沢両商店街に点在しています。商店街の規模があまり大きくないので、駐車場の数は十分に確保されているとは言い難いです。

 

比較的野沢商店街側の方が空いている為あえてお勧めするとすれば野沢商店側をお勧めします。しかしどちらの商店街に駐車してもとても混雑します。

 

特に帰りは長い時間渋滞します。注意が必要です。

 

 

規模では諏訪湖花火大会に敵いませんが・・・

毎年8月15日は諏訪湖でも花火大会が行われています。私は両方の花火大会に行ったことがあります。

 

諏訪湖の花火大会の打ち上げ本数は約4万発、観覧者数も50万人といわれており、とても素晴らしい花火大会です。

 

しかし私は佐久千曲川大花火大会の方が好きです。理由は打ち上げがとても近くで行われるからです。

 

花火を見るのに真上を見上げる様になります。

 

ずっと鑑賞していると首が痛くなるほどです。音もとても大きく振動を感じます。

 

お勧めの観覧ポイントはじっくりと花火を楽しみたい場合は中込側右岸の土手です。ナイヤガラが野沢橋で行われるので少し橋から川下へ離れたほうがいいと思います。

 

右岸の土手は人気ポイントの為、場所を確保するのであれば早めに行くことをお勧めします。周りの雰囲気も楽しみたいなら、商店街で観覧するのもいいと思います。

 

私のお気に入りは中込商店街をぶらぶらしながらの花火鑑賞です。河川敷までいくとたくさん人がいますが、商店街にいるとあまり混雑しません。

 

中込商店街にはアジア地域の方々が経営しているお店が多く独特の雰囲気があります。異国の会話を聞きながらのんびり花火を楽しむことができます。

 

最後のナイヤガラが近づくころに河川敷まで歩いて行きます。

 

私が毎年楽しみにしている佐久千曲川大花火大会、2016年もじっくり満喫したいと思います。

諏訪湖祭湖上花火大会2016 日程と観覧ガイド

諏訪湖祭湖上花火大会2016 日程と観覧ガイド

諏訪湖祭湖上花火大会 2016年の開催日程

 

2016年8月15日(月曜日) 打ち上げは19:00からを予定。

 

長野県諏訪市で毎年お盆中の8月15日に行われる花火大会があります。

 

一夜のして夜空には約4万発の花火が打ち上げられます。県内ではもちろんのこと人気1位の花火大会。全国においても3位に入るなど県内自慢の花火大会です。

 

この始まりは戦後に市民が少しでも明るい希望のもてる生活を取り戻したいという思いから始まりました。

 

花火は約2部で構成されており、1部ではスターマインの連続があり、2部では水上スターマインや諏訪湖の長さや大きさから可能な2KMのナイアガラがあります。

 

打ち上げ時間は約2時間ですが、4万発の花火が上がるので次の花火を待つことなく大きく輝きのある花火が次から次へと上がっていきます。

 

山々に囲まれている諏訪市なので1発1発の花火がとても響いてさらなる感動を巻き起こします。

 

 

諏訪湖祭湖上花火大会 2016年の観覧ガイド

 
 

また当日はとても混雑が予想されるため、どこから行くのかにもよりますが、早めの行動が必要となってくると思います。

諏訪湖に早く到着してしまっても花火までは時間がすごくあるので車の中で待っている人もいれば、屋台もたくさん出ているので屋台をみて、食べたりしながら楽しんでいる人達もいます。

諏訪湖の周りはとても広いので毎年50万人というお客さんが訪れるのですが、人と人とがぶつかってしまうことはなかなかありません。

そのためテントも持参していただいて花火までの間、バーベキューなどをしてより楽しめるという方法もあります。

諏訪市は温泉街でもあるので、予約されていて旅館の部屋の中から家族や友人と観覧することもできます。ただとてもその日は予約がとりにくい状況となっているため、1年前から予約をした方が確実に泊まることができると思います。

1泊10万円近くの部屋もあるみたいなので、旅館から見る場合にはそれなりの覚悟が要りますが・・・・

そしてさらに諏訪には立石公園という諏訪湖を一望できる公園があります。

この公園は夜景でも有名とされており、当日公園で花火を見ることができれば、諏訪市の夜景と花火を一緒に観覧することができ諏訪湖の周りで見るよりは遠くなってしまうのですが、音が山からの跳ね返りで花火の光よりも多少遅れて聞こえそれもまた風情があっておすすめです。

他に諏訪市のお勧めする観光名所は「諏訪大社」です。全国各地にある総本社で最も古い神社とされています。

上社と下社があります。主な御祈願は、お宮参り、七五三、安産、交通安全などです。時間がある際は立ち寄ってみてください。