カテゴリー:九州の花火大会の記事一覧

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

カテゴリー:九州の花火大会

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会 2016は納涼観光船で!

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会 2016は納涼観光船で!

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会 2016の開催日程

 

2016年8月20日(土曜日)

大会セレモニー19:20~ 花火打ち上げ 19:30~20:40

 

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会は、ミレニアムである2000年に開始された九州最大級の花火大会です。

 

打ち上げられる花火は年々増加していて、2016年は1万5千発が見込まれています。

 

訪れる見物客は約13万人です。主催は鹿児島市。毎年8月下旬の土曜日に、鹿児島港本港区で開催されます。

 

会場は、錦江湾と桜島を望むウォーターフロントにあり、雄大で美しいロケーションを楽しめます。

 

鹿児島の夏の風物詩といえる花火大会です。

 

 

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会 2016の観覧ガイド

1.見どころ

 

個性的な創造花火、音楽とのコラボレーションが楽しめるスターマインは芸術的です。1尺玉の16連発、2尺玉の2発同時打ち上げなどは大会の目玉です。頭上に広がる大玉花火の迫力を、楽しむことができます。

 

2.交通アクセス

 

当日会場周辺は交通規制されます。車で会場への乗り入れはできません。JR鹿児島中央駅から有料シャトルバス(大人200円、小人100円)を利用するか、「いづろ通」まで路面電車(全線均一料金大人170円、小人80円)を利用します。

 

3.豆知識

 

①花火の場所取りが大変という方には、有料観覧席があります。料金は2,500円(4歳以上料金)で、席数は3,600名ほどです。

 

②桜島フェリーの納涼観光船から、花火を楽しむことも出きます。乗船は18時30分、出港は19時です。納涼観光船は7月20日~8月31日まで開催。

 

乗船券は、前売り券として7月19日までは大人800円小人400円、7月20日以降は大人1000円小人500円で販売されます。

 

8月31日までの都合のいい日に乗船できます。

 

ただし、乗船は予約制ではなく、当日乗船待ち列に並んだ先着順となります。

 

納涼観光船は定員が約800名で運航は1日1隻限りです。

 

整理券配布はありませんので、花火大会では、長時間並ぶ覚悟が必要です。中には4時間並んだ方もいます。

 

なお、納涼船では打ち上げ場所から300メートル以上離れた海上から花火を見る事になります。安全上船の傾きを避けるため、船首を打ち上げ側に向けます。

 

花火を頭上近く、視界いっぱい楽しみたい方は、納涼船ではなく、大会会場からの鑑賞をお勧めします。

 

花火以外の船旅も楽しみたい方には、納涼観光船はお勧めです。

 

③会場には屋台エリアもあります。鹿児島の代表的な店舗が出店しており、食を楽しめます。

 

④会場近くには、ジンベエザメを展示している「かごしま水族館」があります。また、鹿児島の特産品販売店、飲食店が入居している複合商業施設もあります。花火鑑賞と組み合わせて楽しむ事もできます。

 

4.注意したいポイント

 

①大会会場の有料観覧席チケットは、6月初めから発売開始になりますが、早い段階で完売になります。

 

また、鹿児島市内の宿泊施設は、花火大会前後は満室となります。計画的なご準備をお勧めします。

 

②大量の花火を打ち上げるため、晴天にもかかわらず、花火大会の途中や大会直後に雨が降る事があります。

 

濡れたくない方は、雨具のご用意をお勧めします。

 

【関連記事 九州の花火大会】

 

玉名納涼花火大会2016の日程と観覧ガイド

 

筑後川花火大会 2016の日程と観覧ガイド

 

わっしょい百万夏祭り2016の日程と観覧ガイド

わっしょい百万夏祭り2016の日程と観覧ガイド

わっしょい百万夏祭り2016の日程と観覧ガイド

わっしょい百万夏まつり 2016の開催日程

 

2016年8月7日(土曜日) 打ち上げは20:25からを予定。

 

わっしょい百万夏祭りの日程 2016年8月6日、7日

会場:勝山公園 小倉駅から約10分

 

勝山公園近辺は交通規制あり小雨決行なので今まで中止になった事がほとんどなかったです。

 

有料観覧席は1800円、当日は200円プラス。

 

福岡県、北九州ではかなりの盛り上がりの”わっしょい百万夏祭り”。駅前や井筒屋、Riverwalk、花火会会場の勝山公園など町中のいたるところでステージイベントが行われ、7日はパレードと小倉城をバックにフィナーレを飾る花火は3000発。

 

勝山公園で花火を上げているので街中なのに大迫力で花火が観られるのがポイントです。

 

花火を見上げるスポットなら小倉城前のパレードが通る大通り(この日は歩行者天国になっています)に座って観るのが遮るものが何もないので良く見えます。

 

道路にゴロンと寝ころんで屋台で買ったビールを片手に花火を見上げる人達が多数います。

 

またすぐ近くの商業施設Riverwalkからも小倉城側など一部の所からも花火は観られますが視界に木々が入りますのであまり観やすいスポットではないと思います。

 

県外から来られる人達も多く電車、車はお祭りの期間中は一日中大混雑します。駐車場は小倉駅の新幹線側の少し遠くで探すと見つかりやすいです。

 

モノレール、JRも大混雑しますが、JRは下関側から乗る人は朝からとても多いので早い時間に小倉に向かうことをお勧めします。

 

反対方面の福岡方面からは快速とかもありますので乗車できないほどの混雑ではありません。

 

会場の勝山公園と道路を挟んだRiverwalk前まで出店や屋台が沢山出ているので食べ歩きをしても楽しいです。

 

門司港で作られた地ビールの屋台を見かけたらビール好きな方はぜひ飲んでみてください。

 

他にも肉巻きおにぎりや、シロップかけ放題のかき氷、デコが可愛いチョコバナナや変わり種のたい焼きなどスィーツ系も豊富です。

 

屋台も混雑していますが長い時間ブラブラしても楽しめます。

 

もちろん食べ物だけではなく子供たちが好きなヨーヨー釣りやスーパーボールなどゲーム類も沢山ありますので家族連れや子供たちで勝山公園はずっと賑わっています。

 

花火の始まる直前は屋台が一番混雑する時間ですので要注意です。

 

勝山公園だけではなく商店街でも屋台が出ていますし、商店街はあまり並んでいませんのでお勧めです。

 

並ぶのが苦手、もしくは時間がない時は商店街で買ってから勝山公園に向かうと効率良く会場に行かれると思います。

海洋博公園花火大会2016の日程と観覧ガイド

海洋博公園花火大会2016の日程と観覧ガイド

 2016年の開催日程

 

2016年7月16日(土曜日) 打ち上げは20:00からを予定。

 

私の地元沖縄県のおすすめ花火大会は、なんといっても海洋博公園花火大会です。

 

2016年で第38回目を迎える、県内最大の花火大会なんです!打ち上げ数はなんと1万4,000発もあります。

 

打ち上げ場所は海洋博公園内のエメラルドビーチです。海洋博公園自体、土地が斜めのつくりになっているため会場内のどこからでも花火はよく見えます。

 

電車のない沖縄では、皆会場まで車で行くことになりますが、はっきり言って行きも帰りもものすごく混雑します。しかも、もちろん海洋博公園の無料駐車場にはほぼ停められません(午前中に着けばもしかしたら停められるかも)。

 

当日は近くに臨時の有料駐車スペースがあちこちに開かれますので、そこに停めることになるかと思います。

 

しかし帰りも会場から駐車場まで結構歩くので、小さいお子さん連れなどはキツイかもしれません…。

 

会場近くのホテルを取るという方法もあるのですが、花火の日は軒並み宿泊価格を上げてきており、かつどこもほぼ満室なので、相当前から押さえておかないと難しいかと思います。

 

海洋博公園花火大会2016のアクセスはバスがGOOD!

 

そこで私のおすすめするのはバスツアーです!いくつかの県内の旅行会社が花火大会のバスツアーを開催しており、個人的にとてもおススメです。

 

どこの会社もいくつかルートを設置しており、県内のどこからでも行きやすくなっています。なんといっても行き帰りに運転しなくてよい(車で行くと、帰りに渋滞の中運転するのはものすごく大変)し、会場でお酒も飲めます。

 

しかもバスは海洋博公園の敷地内まで送ってくれるので、歩く距離も短くていいので疲れません。

 

お金に余裕がある人には、クルーズのツアーがおすすめ。

 

会場で見るより少し距離は離れますが、混雑を気にせず海上からゆったりと見る花火はまた良いものですよ!

 

会場内では色々出店がありますがやっぱりお値段は高めなので、荷物になっても構わない!という方は食べ物・飲み物を持って行くといいと思います(クーラーボックスを持っている人は多数います)。

 

敷物を持っていくのは当然として、小さいテントを持っていくと、日が落ちるまでの間少しでも日陰で過ごせるのでおススメです!

 

花火は20時から始まるのですが、暗くなるまでがとにかく暑くて大変なので、保冷剤などを持って良くと少しでも暑さを和らげることができるかなと思います。

 

また、夜は真っ暗になるので小さいお子さんをお連れの方はお子さんが迷子にならないよう、十分気をつけて下さいね。

姪浜精霊流し花火大会 2016周辺観光スポット紹介

姪浜精霊流し花火大会 2016周辺観光スポット紹介

姪浜精霊流し花火大会をもっと楽しむ観光ガイド

 

姪浜には古くからの歴史がありますが、なにより魅力的なことは能古島と近距離にあることです。花火大会の前に能古島を堪能することもオススメ致します!

 

能古島は自然に溢れ、そしてなにより食べ物もとても美味しくお値段もお手ごろです!

 

船上近くの飲食店は能古バーガーやそしてお酒も楽しむことができる素敵な飲食店がたくさんあります。

 

海の近くということもあって新鮮な海鮮が勢ぞろいしております。フェリーで能古島に着いたらすぐ傍に「能古島アイランドパーク」行きのバスもございます!

 

能古島アイランドパークはバーベキューもでき、美味しいものを食べながら釜山からのビートルが運転されている素敵な景色も一望することができ、お腹も心も満足させてくれる美しい場所でもあります。

 

兎に角、自然もあり、食べ物もあり、恋人同士はもちろん、ご家族、そしてお友達同士など、たくさんの人との触れ合いのシーンに合った、老若男女問わず楽しめる観光スポットでもあること間違いなしの島です。

 

 

姪浜がわかるともっと楽しくなる!

 

そして姪浜は近年、住みやすく、買い物もしやすいと急成長を遂げてきている街でもあります。まずは姪浜駅、デイトスから「えきまちいっちょうめ」と商業施設の名称も変わり、明るく優しい街へとなってまいりました。

 

meino

 

姪浜駅から徒歩約15分の場所には「室見川」があります。

 

この室見川、スピッツの名曲「ロビンソン」皆様ご存知でしょうか?草野マサムネさんは福岡の出身なのですが、このロビンソンの一節「河原」の部分は室見川を見て書いたとインタビューで答えているそうです。

 

天才が開花された一部の室見川も花火大会の際には是非ご覧になってはいかがでしょうか?

 

姪浜に住まれている方にとってはとても身近な場所で、春には桜の木が立ち並び更に美しく河を彩ってくれます。

 

そして実はこの室見川、椎名林檎さんも「正しい街」とゆう曲の中で室見川を起用しているのです。

 

芸能人の方々がたくさん輩出されている福岡ですので、是非歌詞にちなんだ町並みを花火と同じように楽しむとゆう時間も過ごされてみてください!

 

そして姪浜にも美味しい食べ物沢山ございます!姪浜駅から徒歩3分、「まことうどん」さんです。

 

福岡と言えば、「とんこつラーメン」というイメージはないでしょうか?実は福岡はうどんの町でもあるのです。

 

能古島にも美味しいおうどん屋さん御座いますが、こちらのまことうどんさんも絶品でございます!

 

観光客の方ではなくとも、地域の皆様で行列を作り食べておられます。ですが回転率が早いので、何時間も待つことはありません。

 

花火大会の前におうどんを食べて腹ごしらえしてからゆっくりビールなんていうのもオススメです。

 

【参考記事】姪浜精霊流し花火大会 観覧ガイド