カテゴリー:熱帯夜対策の記事一覧

うたのチカラ

カラオケ大好き!音楽で日本の未来はもっと楽しくなる!

カテゴリー:熱帯夜対策

熱帯夜対策 ペットボトル氷で快適に!

熱帯夜対策 ペットボトル氷で快適に!

熱帯夜対策に凍らせたペットボトルで快適に!絶対役立つ方法!

 

熱帯夜でエアコンをつけっぱなしにするのがいいとはわかっていても、エアコンの使いすぎで体がだるくて困る・・・電気代も気になるし・・・

 

こんなとき使えるのがペットボトル!

 

熱帯夜対策にエコなアイテムを上手に使って、寝苦しい夜を少しでも快適に過ごしましょう。

 

500mlのペットボトル2本で作る氷枕

 

凍らせた500mlのペットボトルを横並びにしてタオルでまきます。好みの高さに調整して、首の下に入れましょう。枕と併用して使うことで、頭は枕で支えられます。

 

首の下あたりは、体温の高い部分なのでここを冷やすことで快適な眠りになるでしょう。

 

今日からできる熱帯夜対策で、まずお試しいただきたいのが500mlのペットボトルです。

 

 

1Lのペットボトルでつくる抱き枕ならぬ抱きペット

 

凍らせた1Lのペットボトルをガーゼのタオルなどで包み、一緒に眠りましょう。

 

とても快適になります。高い枕でも大丈夫な人は、枕として利用してもいいですよ。

 

タオルがずれないように、輪ゴムで巻いておくと扱いが楽ですよ。

 

 

2Lのペットボトルでつくる湯たんぽならぬ冷えタンポ

 

凍らせた2Lのペットボトルをガーゼのタオルなどで包み、足元付近におきましょう。

 

足元がヒンヤリして効果抜群の熱帯夜対策になりますよ。

 

ペットボトルを早く凍らせる裏技&やってはいけない危険なこと

 

まず、はじめにペットボトルを1−2時間冷凍庫で凍らせます。

 

この時点ではまだ凍っていません。が、これを床などに打ち付けます。

 

そうすると一瞬で凍ってしまいます。これは過冷却現象を利用したもので、知っていると便利な裏技です。

 

また、アルミホイルを巻いたペットボトルを使って冷凍させる方法、金属トレーを下に敷いて冷凍させる方法があります。

 

アルミは熱伝導率が高いので、普通に冷凍するよりも短時間冷凍できます。

 

 

気をつけないといけないのは、ペットボトルの中の水を8−9割にしておくことです。

 

満タンで冷凍してしまうと、水の表面積が膨張し、ペットボトルが破損してしまいますよ。

 

扇風機の前において気化熱を利用する方法も

 

扇風機の前に、凍らせたペットボトルをおいておくと、気化熱で、冷気が発生し、扇風機の風がとても冷たく感じられます。

 

だんだんと溶けていくので、ペットボトルは洗面器など大き目の容器やトレイに入れておき、水を受けられるようにしておきましょう。

 

 

ペットボトル熱帯夜対策のまとめ

 

熱帯夜特有の寝苦しい夜、つらいですがエコで経済的な、凍らせたペットボトルで快眠を目指しましょう!

 

 

熱帯夜!高齢者のエアコンの設定温度は何度が常識?

熱帯夜!高齢者のエアコンの設定温度は何度が常識?

梅雨も明けて夏本番!高齢者にとっては、特に体調管理が難しい季節です。

 

特に問題になるのが夜の暑さ『熱帯夜』。熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上になる夜のこと。

 

熱帯夜が連日続くと、就寝中の眠りも浅くなって、朝起きてもぐったりしてしまうことも。高齢者の体力も消耗されて、健康が心配になります。

 

最悪の場合には、死に至る可能性のあるこわ~い熱中症。しっかり対策して快適な夏を過ごしていただきたいものです。

 

そのためには、エアコンを上手に使って、寝苦しい夜を少しでも快適に過ごしましょう。

 

高齢者の熱中症の多くが、室内で発症している

 

高齢者は、体温調節の衰え、体力の低下、水分補給不足、電気代などの節約志向、エアコンが苦手、などいくつかの原因が重なり合って、熱中症にかかりやすい状況です。

 

特に、エアコンが苦手だったり、エアコンに対する電気代を心配したりするあまり、就寝中エアコンをつけないで眠り、熱中症になる人も多くいます。

 

家族や周りの方が、高齢者の様子を観察しながら、うまくサポートしてあげる必要があります。

 

 

こんな症状に要注意!!

 

高齢者のこんな症状は熱中症の疑いがあります。

 

・血圧が高い、脈拍が早い。

・呼吸が浅く、早い。

・元気がない。不機嫌。

・口の中が乾いている。

 

 

就寝中のエアコンの設定温度は28℃に。連続運転が鍵

 

就寝中のエアコンの設定温度は、26〜28℃の設定が推奨されていますが、設定温度を下げれば下げる程、電気代が高くなってしまいます。エアコンは、設定温度を28℃にしておくのが電気代もお得で、快適に過ごすことができるのです。

 

設定温度が28℃と聞くと、少し暑い気もしますが、扇風機やサーキュレーターを併用すればエアコンの冷気を部屋全体に送ることができます。

 

高齢者の中には、電気代を気にしてこまめにエアコンを消したりつけたりしている方がいますが、この方法がかえって電気代を高くしています。

 

連続運転している方が、消費電力が少なくてすみ、それだけ電気代も安くなることを伝えてあげましょう。

 

 

こまめな水分補給をうながして。就寝前の水分補給も

こまめに水分補給ができるように、ペットボトルなどに水を入れて、近くにいつも置いておくようにしましょう。

 

特に眠る前は、多めに飲んで熱中症に備えます。お茶を飲む習慣がある方は要注意!

 

利尿作用がある飲み物は、水分補給の妨げになるので夏の暑い時期には控えていただき、水を飲むのが一番です!

 

ベッドに入っていても水分がとれるように、ペットボトルを置いておくと良いですよ。

 

 

日中も暑い場合は、朝からエアコンを使おう

 

熱帯夜だけでなく、日中も気温が暑い時には上手にエアコンを使いましょう。

 

朝の涼しいうちからエアコンを入れておくと、室内気温があがらずエアコンの消費電力が少なくなります。

 

 

エアコン以外にも使えるアイテムで、就寝中の高齢者を守ろう

 

氷枕や冷感シーツを使って、就寝中が少しでも快適になるようにしましょう。また、最近ではパジャマや肌着も冷感仕様のものも出ていますので、取り入れてみるのも良いでしょう。

 

熱帯夜特有の寝苦しい夜は、エアコンを上手に使いながら、高齢者に少しでも快適に過ごしてもらいましょうね。

 

 

赤ちゃん就寝中のエアコンの設定温度は何度にする?

赤ちゃん就寝中のエアコンの設定温度は何度にする?

赤ちゃんの就寝中にエアコンを使っていてもいいの?

 

梅雨も明けて夏本番!赤ちゃんにとっては、薄着になれて動きやすくなって快適な季節の到来です!

 

ですが、問題となってくるのは『熱帯夜』。

 

熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上になる夜のこと。それでなくても赤ちゃんは体温が高いのに、就寝中の気温が高いと眠りも浅くなって、夜中に何度も起きて泣くことも・・・。

 

でも就寝中のエアコンのつけっぱなしが赤ちゃんに悪影響がないかどうか、気になりますね。

 

エアコンの設定温度を何度にするかも迷うところです。エアコンを上手に使って、熱帯夜の寝苦しい夜を少しでも快適に過ごしましょう。

 

 

赤ちゃんは、就寝中に体温調節が上手くできないので、寝苦しい熱帯夜は大人以上につらいことがあります。

 

平熱も37℃前後と高いので、大人以上に汗もかきます。

 

就寝中はエアコン以外のアイテムも上手に使いつつ、エアコンも併用したほうが快適に眠りにつきますよ。

 

 

就寝中のエアコンの設定温度は28℃に

 

就寝中のエアコンの設定温度は28℃にしておきます。そして、エアコンの風が直接赤ちゃんにあたらないようにしましょう。

 

そして、扇風機やサーキュレーターを併用して、空気を循環させましょう。

 

エアコンはタイマー設定して使ってもいいですが、タイマーが切れた後は急激に気温があがります。

 

エアコンが切れたあと、赤ちゃんが寝苦しくて泣いて起きるようなら、連続運転をしておいたほうが赤ちゃんにも安全です。

 

熱中症で脱水症状になっては赤ちゃんもぐったりしてしまいます。

 

また、連続運転している方が、消費電力が少なくてすみ、それだけ電気代も安くなりますよ。

 

 

日中は、できるだけエアコンを使わず汗をかかせよう

 

熱帯夜には、上手に使いたいエアコンですが、暑いからといって、赤ちゃんが1日中エアコンの効いた部屋にいることはあまり好ましくありません。

 

人間の汗腺は3歳くらいまでに出来上がります。赤ちゃんから幼児の時期に、汗をかく経験が少ないと、汗腺が発達せず汗をかきにくい体質になっていきます。

 

汗をかきにくいと、体温調節がうまくできなくなりますので、熱中症になりやすくなったり、基礎代謝が落ちてしまいます。

 

日中の涼しいうちに少しずつ、外に出て汗をかく習慣をつけましょう。

 

ただし、無理は禁物です。まだハイハイくらいの赤ちゃんでしたら少し日光浴させる、とか、抱っこして散歩するくらいで十分です。特に、新生児の場合は体温調節ができないので、快適な設定温度の中で過ごしましょう。

 

 

気温が涼しい時間帯をうまく利用しよう

 

寝苦しい熱帯夜が続く日々は、日中も暑く赤ちゃんも疲れやすくなっています。

 

涼しいうちに活動し、暑い時は、家の中で快適に過ごせるようにしましょう。そのためにも、早寝早起きをしましょう。

 

熱帯夜特有の寝苦しい夜は、エアコンを上手に使いながら、赤ちゃんに少しでも快適に過ごしてもらいましょうね。

 

 

就寝中のエアコンの設定温度は何度がいいの?

就寝中のエアコンの設定温度は何度がいいの?

熱帯夜を乗り切る!就寝中のエアコン設定温度は?

 

梅雨も明けて夏本番!楽しい夏ですが、問題となってくるのは夜の暑さ『熱帯夜』。

 

熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上になる夜のこと。熱帯夜が連日続くと、就寝中の眠りも浅くなって、朝起きてもぐったりしてしまいますよね。

 

エアコンを上手に使って、寝苦しい夜を少しでも快適に過ごしましょう。

 

就寝中のエアコンの設定温度は28℃に。連続運転が鍵

就寝中のエアコンの設定温度は、26〜28℃の設定が推奨されています。

 

設定温度を下げれば下げる程、電気代が高くなるので、設定温度を28℃にしておくのがオススメです。設定温度が28℃と聞くと、少し暑い気もしますが、扇風機やサーキュレーターを併用すれば快適に過ごせますよ。

 

逆に、おすすめしないのが、就寝中にエアコンをタイマー設定して眠る方法。こうすると、エアコンが切れたときに、急激に気温が上がって目が覚めてしまうことになります。

 

熱帯夜に寝苦しさに起きてしまって、またエアコンをつけて、の繰り返しではぐっすり眠ることが出きませんから、結局体力を消耗してしまいます。

 

また、こまめにエアコンを消したりつけたりしている方が消費電力を上げてしまいます。意外に思われるかも知れませんが、連続運転している方が、消費電力が少なくてすみ、それだけ電気代も安くなりますよ。

 

扇風機やサーキュレーターを併用して気流をコントロール

暖かい空気は上に登り、冷たい空気は下にさがりますので、扇風機を使って循環させましょう。人体には、エアコンの風も扇風機の風も直接あたらないように注意しましょう。

 

直接風があたると、冷えすぎたり乾燥したりが原因で喉をいためてしまいます。

 

今は、サーキュレーターも人気です。サーキュレーターとは扇風機とは違います。サーキュレーターとは、空気を循環させるためのもので、まっすぐ強い風を遠くに送ることができます。

 

クーラーの冷たい風を循環させることはもちろんのこと、暖房時にも空気の循環を目的に使える優れもの商品なのです。

 

 

エアコンを使う前にまずは換気しよう

 

帰宅後、まずすぐにエアコンをつけるのではなく、換気してから使いましょう。そうすることで、部屋にこもった熱気を流し、エアコンの負荷を減らせ省エネ・節電になります。

 

換気するときは、扇風機やサーキュレーターを活用することで、短時間で効率的に換気をすることができますよ!

 

エアコンは乾燥に注意。眠る前は水を飲もう

 

眠る前は、少し多めに水分を補給し、脱水状態にならないように注意しましょう。

 

加えてエアコンをつけることで、部屋自体が乾燥していますので、喉を痛めることもあります。就寝中は枕元に、ペットボトルなどをおいて水分補給できるようにすることもおすすめですよ。

 

また、加湿器を利用したり、濡れタオルを枕元にかけておくだけでも違います。

 

エアコンを上手に使いながら、エアコン特有の乾燥対策も同時に行い、熱帯夜特有の寝苦しい夜を少しでも快適に過ごしましょうね。

 

【関連記事】

 

赤ちゃん就寝中のエアコンの設定温度は何度にする?

 

熱帯夜!高齢者のエアコンの設定温度は何度が常識?