リオオリンピックのテーマソング 洋楽が気になる

 

リオオリンピックのテーマソングといえば、安室奈美恵さんのHeroが人気になっていますよね。もちろん安室ちゃんだけじゃなく、各テレビ曲がそれぞれ有名アーティストを擁してリオオリンピックのテーマソングを出しています。

 

リオオリンピック 各局テーマソング一覧

 

そんな中、リオオリンピックのテーマソングで洋楽のあの曲が気になる!っていう人が増えています。そんな洋楽のあの曲を探ってみました!

 

洋楽のテーマソングはケティー・ペリーの「Rise」

 

あなたがよく耳にするリオオリンピックの洋楽版は、おそらくケティー・ペリーさんの「Rise」ではないでしょうか?ちょっと試しにちょっと聴いてみてください。

とても印象的であり、力強さを感じさせてくれる名曲だと思います。洋楽ならではのダイナミックなリズム感は本当にかっこいいです。

 

このRiseは、NBC(アメリカのテレビ局)のリオオリンピック関連放送のテーマ・ソングとして発表されたもの。日本のリオオリンピックの放送ではまず流れることはないのでしょうけど、こんな洋楽が流れてきてもいいかもしれないですね。

 

日本のテレビ局各局のリオオリンピックのテーマソングは、もちろんすべて日本のアーティストが出演しているバリバリの邦楽ですからねぇ。

 

ケティー・ペリーはヒラリー・クリントンに肩入れ?

 

アメリカで大人気のシンガーとしてファンの多いケティー・ペリーさんは、ヒットメーカーであると同時に、米経済誌『フォーブス』が発表した「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」のランキングで6位になる超セレブとしても有名。

 

また、最近では、ヒラリー・クリントンさんに肩入れして各地で応援に駆けつけているお騒がせセレブとしても知られていますよね。

 

Youtubeでもいろいろな動画を公開しているので、リオオリンピックのテーマソングからケティー・ペリーさんに興味を持った人もぜひいろいろな歌を聴いてみてくださいね。

私も普段はあまり洋楽を聴くことは減ってきたのですが、せっかくリオオリンピックのテーマソングで素敵な音楽に出会うことができたので、洋楽を聴く機会も増えてきそうな感じです。

 

洋楽を聴いていると英語もできるようになる?という説もあるようですので、そんな効果も密かに狙っていきたいですね。

 

【関連記事】

 

リオオリンピック テーマソング 福山雅治「1461日」

 

 

スポンサードリンク