ポケモンgoのタマゴをドンドン孵化させる裏技5選!

ポケモンgoのタマゴを孵化させる裏技はあるの?

 

ポケモンgoで一番地道な作業「タマゴの孵化」ですが、世の中には裏技を使ってタマゴをふ化させている人がいるとか?いないとか??

 

そこで今回は、様々な裏技を紹介していきたいと思います。あなたも気になるものがあれば、試してみてはいかがですか?

 

では、さっそく裏技を見てみましょう。

 

外に出なくてもいい?お家でタマゴを孵化させる裏技

 

まず、ポケモンgoでタマゴを孵すときに使われている機能は「GPS」です。

ですからGPSの精度を下げることで、距離を錯覚させる裏技が使えるようになります。

以下の裏技を試す場合は、スマホのGPSの精度を下げておきましょう。

では、裏技を5つ紹介しますね。

 

ルンバに頑張ってもらう

…掃除ロボットのルンバの上にスマホを置いておくというシンプルな裏技

ルンバが動くことで距離も稼げるので、自分は何もしなくていいですし部屋も綺麗になる、いいこと尽くしの裏技です。

ただし、ルンバが壁にぶつかったり段差に当たったときに、スマホが落ちて傷つくことがあるので注意しましょう。

 

扇風機に頑張ってもらう(ターンテーブルも可)

…扇風機の首ふりを利用して距離を稼ぐ方法

扇風機に直接スマホを結び付けるのですが、スマホが落ちて壊れることがあります。

 

プラレールに頑張ってもらう(ようするに動くおもちゃ)

…プラレールの上を走るミニカーにスマホを結び付けて距離を稼ぐ方法

もともとプラレールをしている人ならいいですが、していない人にとってはお金と場所をとります。

 

ペットに頑張ってもらう

…犬や猫にスマホを結び付けて、犬や猫に歩いてもらって距離を稼ぐ方法

気をつけないとスマホを破壊されますし、人間が歩いたほうが圧倒的に早いですよね。

 

マッサージ器に頑張ってもらう

…マッサージ器の振動をスマホの画面に与えて距離を稼ぐ方法

しかし、振動でスマホが壊れる場合があります。

お気付きでしょうが、これらの裏技のほとんどに「スマホが壊れるかもしれない」というリスクがあります。やはり、自分の足で歩いたほうが良いような気がしますね…。

そこで、自分の足で歩くとしたら、やはり効率良くタマゴを孵化させたいですよね?

ですから次に、効率の良い孵化のさせ方を紹介しておきますね!

 

 

効率の良さは「ふかそうち」の使い方

 

ポケモンgoでタマゴを孵化させるには、裏技を使わないとすると歩くしかありません。

ですから、タマゴ1つ孵化させるのにどうしても時間がかかってしまいますよね。それに手持ちで9個しか持てないので、早く孵化させたいところです。

 

ポケモンgo攻略 たまごを捨てることはできる?できない?

 

そこで、タマゴを1個ずつ孵化させるのではなく複数個のタマゴを孵化させれば、かなり効率がよくなります。

 

複数のタマゴを孵化させるためには「ムゲンふかそうち」と「ふかそうち」が必要です。

ムゲンふかそうちは、最初から持っているので問題ありませんが「ふかそうち」については揃える必要があります。

 

「ふかそうち」はトレーナーレベルが、以下のレベルになったときに時に貰えます。

 

レベル6、レベル10、レベル15、レベル20、レベル25、レベル30。

今のところレベル30までしか情報がありませんが、おそらく5の倍数時に貰えるでしょう。そして、レベルアップだけでなく150ポケコインで交換することもできます。

 

では、ふかそうちを揃えたところで、次はタマゴの孵化のさせ方です。

まず、ムゲンふかそうちでは常に2kmのタマゴを孵化させるようにします。比較的早く孵化できるので、孵化したらどんどん新しいタマゴが入手できますよ。

 

次に、ふかそうちには5~10kmの長距離タマゴを入れて孵化しましょう。ふかそうちは3回使うと無くなってしまうので、短い距離のタマゴを入れると勿体ないですよ。

この方法だと、長距離タマゴを孵している間に2kmのタマゴをいくつか孵化することができるので所持しているタマゴの回転率が上がるでしょう。

 

 

私も最初は、ポケモンgoでタマゴを入手したら裏技を試そうと思っていました。

しかし、スマホの破損はどうしても避けたい!

 

結局、効率の良いタマゴの孵化方法に落ち着きました。この孵化方法ですが、「ふかそうち」の数が多いほど早く孵化させることができます。

 

課金できる人は、してみるのも良いのではないでしょうか?

 

【関連記事】

 

ポケモンgo 課金のおすすめのやり方アレコレ

 

ポケモンgo タマゴとふかそうち入手方法

スポンサードリンク