クラウドワークス 手数料は高い?安い?

クラウドワークス手数料について。高いと言われている手数料の実態は?

 

クラウドワークスに登録は国内最大級の在宅ワークサイトです。利用者が多いため、仕事量も豊富です。初心者からプロまで幅広く活躍できる場が揃っているので、どんな人でも仕事を始めやすいと言えます。

 

クラウドワークスでお仕事をする際に知っておきたいのが手数料についてです。この手数料は報酬に大きく関わるため、事前にきちんと調べて覚えておくと良いですよ。

報酬が支払われた後でガクッと報酬額が落ちていることを見るとショックを受けてしまいますが、事前に知っておけば心の準備もできるものです。

 

ではクラウドワークスでの手数料について紹介していきましょう。

 

クラウドワークスのシステム手数料の仕組みは?

 

クラウドワークスでお仕事を受ける際は、システム手数料が発生します。システム手数料は報酬から引かれるため、前払いをしなければならないとかそういったことはありません。ただこれによって報酬がかなり落ちるので、この点は覚悟しておいてください。

 

システム手数料は報酬の額によって変わります。

10万以下の報酬の場合:契約金額の20%

10~20万以下の報酬の場合:契約金額の10%

20万以上の報酬の場合:契約金額の5%

 

これらの手数料は、1ヶ月の報酬のトータル額に合わせたものではありません。それぞれで発生する報酬に合わせてシステム手数料も発生するため、多くの人が20%の手数料を支払うこととなるでしょう。

 

ちなみにタスク形式でお仕事をした場合はこのシステム手数料が発生しませんので、タスク形式のお仕事の方がお得です。

 

銀行に振り込んでもらう時の手数料

 

クラウドワークスで振り込み依頼をするなら、楽天銀行がおすすめです。楽天銀行を振込先に指定すると、振込手数料が105円で済みます。楽天銀行以外の銀行を指定している場合は525円かかるので、継続的にクラウドワークスを利用するつもりなら楽天銀行を開設した方が手数料が安く済みます。

 

楽天銀行の開設にはお金もかかりませんので、長く仕事をするのであれば解説しておきましょう。

 

クラウドワークスの手数料が高いというのは本当

 

クラウドワークスの手数料が高いというのはネットで検索すればたくさんのページが出てきます。ですので手数料について調べたことがある人は、手数料が高いことについても知っているのではないでしょうか?

 

ただクラウドワークスのような他の大手在宅ワークサイトでもクラウドワークスと同じシステム手数料を取っているので、大手で仕事をしたい人は仕方のないことかもしれません。手数料がもったいないと思う人は、手数料がかからないタスク形式のお仕事を積極的に受けてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク