小林麻央さんの余命説からホスピスはどこなのか?またその真相は?

 

 

なぜ「小林麻央さんがホスピスにいる」説がささやかれるようになったのでしょうか。

 

麻央さんの余命3ケ月説、半年説がささやかれるようになったのは、姉の麻耶さんが

8月まで休業することを明らかにしたため、麻央さんが深刻な病状で看病に専念か?と

疑問をもたれたこと。海老蔵さんの「今年は休んでゆっくり過ごし、旅行へ行きたい」

という発言が発端のようです。

 

そのため、残された時間を過ごすホスピスはどこか?という疑問が浮上してきました。

 

海老蔵さんも秘密にできず、つい旅行のことを発言してしまったのかもしれないですね。

本当にご家族でゆっくりと過ごされることを心から願っています。

 

 

ホスピスとは?

 

ホスピス・・・末期のがん患者などに対して終末医療を専門におこなう病院

[ 三省堂 現代新国語辞典 参照 ]

 

ホスピスとは上の内容からもわかるように、患者同意の元、終末期に向けて病院側も対応

する医療だと思いますが、麻央さん本人のコメントでは「私は前向きです」とのことでした。

 

これは終末期医療病院ではなく、がん治療を目的とした病院を特定した方がよさそうですね。

 

 

麻央さんが信頼する病院は?

 

海老蔵さんのブログ写真から東京大学病院では?との声が出てきたようですが、セキュリティ面で芸能人が入院することは難しいようで、慶応大学付属病院も名前が出てくるようですが、歌舞伎座から近いということもあり、がん治療で有名、セキュリティ面も安心な聖路加国際病院が有力なようです。

スポンサードリンク

 

聖路加国際病院について調べてみました。

 

診療科は40科あり、ベッド数は520床、113年の歴史があり、患者さんの満足度調査入院治療97%が満足、外来治療91%が満足。と、驚くべき数字が出ているようです

(聖路加国際病院 調べ)

乳腺外科について、多くの女性医師が在籍のため、治療面のみではなく、精神面も心強いのではなかと思います。

 

何度も乳がん検診を受けたことがありますが、女性医師に診察してもらえると、違和感なく検診終えられて、来年もまた受診しよう。と思えます。男性の先生方、すみません。

 

乳がん検診のエコー費用はいくらかかる?

 

聖路加ブレストセンターのホームページから

 

 

私たちは「相対する」のではなく、「寄り添って」乳がんというものに共に向き合い、一緒に成長できればと願っています。

 

医師や看護師ばかりでなく、薬剤師、ソーシャルワーカー、チャブレンから事務や受付の者に至るまで、患者さんやそのご家族がながい治療の過程で心ぼそい思いをされることのないよう、あなたとの出会いに感謝の気持ちをもって1人の人間として寄り添い、ともに歩めたらと望んでいます。

 

 

麻央さんがこちらに入院しているのであれば、「前向きです」のコメントもうなずけますね。

 

【関連記事】

 

乳がん検診 妊娠中はエコーで!

 

進行性乳がんとは?余命はどれくらい?

スポンサードリンク