ミンネのトラブル どっちが悪い?

ミンネはトラブルが多い?解決してもクリエーターの負担が増えることも

 

ミンネはハンドメイド作品を取り扱うサイトとして大人気のサイトとなっています。利用者もとても多く、トラブルの例も少ないとされています。
ミンネは購入の際はクリエーター・ミンネ・購入者といった風に一度ミンネを通してやり取りを行います。

 

このことがミンネでのトラブルを少なくさせているようです。ではミンネではトラブルがほとんど起きていないのでしょうか?

 

これから紹介していきます。

 

ミンネのトラブルは少ないとは言えない

 

ミンネでの金銭的なトラブルは少ない傾向にあります。購入者から料金が振り込まれない、料金を払ったのに商品がとどかないといった事例は比較的少ないと言えます。
しかしそれ以外のトラブルがあります。
それは納期に関してであったり、梱包の仕方が悪い、納品書が同封されていないなどのことです。いずれもクリエーター側に関するトラブルが多発しているようです。

 

ミンネには利用規約があり、その利用規約に関するトラブルもあります。

 

たとえばクリエーター自身が作成していない物を出品した、他のクリエーターのデザインを盗用した、ブランド品などを出品したなどです。

 

これらは常識的に考えればダメなことはわかりますよね。ですのでこれらのトラブルはまず少ないようです。

 

意外に知られていない点で、商用利用不可の生地を使って作成したものを出品したというトラブルがあります。

 

生地の中には商標利用不可のものがあり、それを使って作成したものを出品すると法的な問題に問われるケースもあります。

 

そうなると莫大な金額を支払わなければならなくなるので、使ってはいけない生地などの確認は重要です。

 

スポンサードリンク

トラブルの解決をするとクリエーターの負担が重くなる

 

クリエーターの中には悪徳な人もいます。しかしそれ以上に真面目に出品しているクリエーターも多数います。ですので悪いクリエーターが増えれば増える程、真面目なクリエーターの負担が増える恐れがあります。
また購入者も全員が良い人ではありません。納期に関してやオーダーメイドの品に関しては無理難題を言ってくる人もいます。

 

それらすべてに対応していては、クリエーター側の負担が重たくなる一方でしょう。

 

ミンネのトラブルは購入者側、クリエーター側どちらもある

 

ミンネのトラブルは金銭的な物は少ないようですが、それ以外のトラブルは意外にあるようです。

 

トラブルを解決するには購入者が負担を負ってでも解決しなければならない問題がほとんどなので、クリエーターが減ってしまう可能性もありますね。

 

購入者のある程度の要求であれば応じるべきですが、あまりにも無理難題な要求は応じない方が良いでしょう。
借りにその購入者がリピーターになっても、購入のたびに無理難題を押し付けられては困りますよね。
良い購入者とだけお付き合いできればいいのですが、それもまた難しい問題のようです。

 

【関連記事】

 

ミンネ 売れる方法・コツを暴露しちゃいます

 

ミンネ 評判はいいけど実際は・・・?

 

スポンサードリンク