熱帯夜対策!寝具を夏仕様に変えて快適な眠りを!

熱帯夜対策に寝具の見直しを考えてみませんか?

 

熱がこもりにくい寝具に変えることで、寝苦しい熱帯夜をより快適に過ごすことができるようになります。

 

熱帯夜対策に適した寝具をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ガーゼ&タオル生地のタオルケットは、軽さと吸湿性が鍵

 

ガーゼ、タオル生地のタオルケットは、綿100%のもので、なおかつ軽いものを選びましょう。軽くて心もとない方は、夏用羽毛布団と併用するといいですよ。

 

ガーゼも、ダブルガーゼから6重ガーゼまで多種多様にあります。

 

また、表がガーゼ生地で裏がタオル生地のタオルケットもありますので、使い分けてもいいかも。

 

オーガニックコットンのものを選べば、肌触りも通気性も良く、年間通して使えます。

 

熱帯夜の汗ばむ季節に使うことを考えると、気軽に洗濯機で洗える寝具であることもポイントになってきますね。

 

 

暑い夏こそ羽毛布団が使えるアイテム

 

羽毛布団は、空気をしっかり含んで暖かいイメージがありますが、夏もとても快適な素材なのです。

 

吸湿性、放湿性に優れていますので、熱帯夜でも快適。実際著者も夏も冬も羽毛布団を使っていますが、夏は蒸れないし、冬は暖かいし、とても快適な寝具ですよ。

 

 

敷きパッドは汗をしっかり吸い取って、ベタつかないものを

 

冷感仕様生地、タオル生地、楊柳生地など、さまざまな素材が出ています。

 

冷感仕様生地は、各社素材構成が違うため特性も違いますが、基本的には放湿性にすぐれ、冷んやりした感覚が続きますので、寝苦しい熱帯夜にオススメの寝具です。

 

タオル生地や楊柳生地は、汗を沢山かいてもしっかりと吸い取ってくれる綿100%のものを選びましょう。

 

スポンサードリンク

 

枕カバーは、毎日洗えるタオル素材を

 

熱帯夜、頭は、とても汗をかきますよね。枕カバーも湿っているなんてことも。しかも匂いも気になるところ。

 

頭皮の清潔を保つためにも、枕カバーは毎日洗いたいところ。

 

バスタオルを枕にまいている人もいると思いますが、気がつけば枕カバーからとれているなんてこともあるでしょう。

 

タオル素材の枕カバーがありますので、夏仕様に数枚用意するのもいいですね。

 

 

 

フローリングに布団を敷いている人は是非すのこベッドを

 

sunoko

 

フローリングや畳に直に布団を敷いている人にオススメなのが『すのこベッド』。

 

通気性を高め、布団に熱や湿気がこもることを防ぎ、カビなどの心配がなくなります。桐製のものや合成樹脂のものがあるので、お好みにあわせて選びましょう。

 

ただし、桐のものは、時々天日干しするなどのお手入れをしないと、桐のすのこ自体にカビがはえる可能性が高いので、心配な方は合成樹脂にするのが無難です。

 

また、普段ベッドでベッドマットレスに熱がこもって不快な方は、熱帯夜の湿気対策の寝具として、すのこベッドに変えてみるのも一つの方法です。

 

 

スポンサードリンク