赤ちゃん就寝中のエアコンの設定温度は何度にする?

赤ちゃんの就寝中にエアコンを使っていてもいいの?

 

梅雨も明けて夏本番!赤ちゃんにとっては、薄着になれて動きやすくなって快適な季節の到来です!

 

ですが、問題となってくるのは『熱帯夜』。

 

熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上になる夜のこと。それでなくても赤ちゃんは体温が高いのに、就寝中の気温が高いと眠りも浅くなって、夜中に何度も起きて泣くことも・・・。

 

でも就寝中のエアコンのつけっぱなしが赤ちゃんに悪影響がないかどうか、気になりますね。

 

エアコンの設定温度を何度にするかも迷うところです。エアコンを上手に使って、熱帯夜の寝苦しい夜を少しでも快適に過ごしましょう。

 

 

赤ちゃんは、就寝中に体温調節が上手くできないので、寝苦しい熱帯夜は大人以上につらいことがあります。

 

平熱も37℃前後と高いので、大人以上に汗もかきます。

 

就寝中はエアコン以外のアイテムも上手に使いつつ、エアコンも併用したほうが快適に眠りにつきますよ。

 

 

就寝中のエアコンの設定温度は28℃に

 

就寝中のエアコンの設定温度は28℃にしておきます。そして、エアコンの風が直接赤ちゃんにあたらないようにしましょう。

 

そして、扇風機やサーキュレーターを併用して、空気を循環させましょう。

 

エアコンはタイマー設定して使ってもいいですが、タイマーが切れた後は急激に気温があがります。

 

エアコンが切れたあと、赤ちゃんが寝苦しくて泣いて起きるようなら、連続運転をしておいたほうが赤ちゃんにも安全です。

 

熱中症で脱水症状になっては赤ちゃんもぐったりしてしまいます。

 

また、連続運転している方が、消費電力が少なくてすみ、それだけ電気代も安くなりますよ。

 

 

スポンサードリンク

日中は、できるだけエアコンを使わず汗をかかせよう

 

熱帯夜には、上手に使いたいエアコンですが、暑いからといって、赤ちゃんが1日中エアコンの効いた部屋にいることはあまり好ましくありません。

 

人間の汗腺は3歳くらいまでに出来上がります。赤ちゃんから幼児の時期に、汗をかく経験が少ないと、汗腺が発達せず汗をかきにくい体質になっていきます。

 

汗をかきにくいと、体温調節がうまくできなくなりますので、熱中症になりやすくなったり、基礎代謝が落ちてしまいます。

 

日中の涼しいうちに少しずつ、外に出て汗をかく習慣をつけましょう。

 

ただし、無理は禁物です。まだハイハイくらいの赤ちゃんでしたら少し日光浴させる、とか、抱っこして散歩するくらいで十分です。特に、新生児の場合は体温調節ができないので、快適な設定温度の中で過ごしましょう。

 

 

気温が涼しい時間帯をうまく利用しよう

 

寝苦しい熱帯夜が続く日々は、日中も暑く赤ちゃんも疲れやすくなっています。

 

涼しいうちに活動し、暑い時は、家の中で快適に過ごせるようにしましょう。そのためにも、早寝早起きをしましょう。

 

熱帯夜特有の寝苦しい夜は、エアコンを上手に使いながら、赤ちゃんに少しでも快適に過ごしてもらいましょうね。

 

 

スポンサードリンク