就寝中のエアコンの設定温度は何度がいいの?

熱帯夜を乗り切る!就寝中のエアコン設定温度は?

 

梅雨も明けて夏本番!楽しい夏ですが、問題となってくるのは夜の暑さ『熱帯夜』。

 

熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上になる夜のこと。熱帯夜が連日続くと、就寝中の眠りも浅くなって、朝起きてもぐったりしてしまいますよね。

 

エアコンを上手に使って、寝苦しい夜を少しでも快適に過ごしましょう。

 

就寝中のエアコンの設定温度は28℃に。連続運転が鍵

就寝中のエアコンの設定温度は、26〜28℃の設定が推奨されています。

 

設定温度を下げれば下げる程、電気代が高くなるので、設定温度を28℃にしておくのがオススメです。設定温度が28℃と聞くと、少し暑い気もしますが、扇風機やサーキュレーターを併用すれば快適に過ごせますよ。

 

逆に、おすすめしないのが、就寝中にエアコンをタイマー設定して眠る方法。こうすると、エアコンが切れたときに、急激に気温が上がって目が覚めてしまうことになります。

 

熱帯夜に寝苦しさに起きてしまって、またエアコンをつけて、の繰り返しではぐっすり眠ることが出きませんから、結局体力を消耗してしまいます。

 

また、こまめにエアコンを消したりつけたりしている方が消費電力を上げてしまいます。意外に思われるかも知れませんが、連続運転している方が、消費電力が少なくてすみ、それだけ電気代も安くなりますよ。

スポンサードリンク

 

扇風機やサーキュレーターを併用して気流をコントロール

暖かい空気は上に登り、冷たい空気は下にさがりますので、扇風機を使って循環させましょう。人体には、エアコンの風も扇風機の風も直接あたらないように注意しましょう。

 

直接風があたると、冷えすぎたり乾燥したりが原因で喉をいためてしまいます。

 

今は、サーキュレーターも人気です。サーキュレーターとは扇風機とは違います。サーキュレーターとは、空気を循環させるためのもので、まっすぐ強い風を遠くに送ることができます。

 

クーラーの冷たい風を循環させることはもちろんのこと、暖房時にも空気の循環を目的に使える優れもの商品なのです。

 

 

エアコンを使う前にまずは換気しよう

 

帰宅後、まずすぐにエアコンをつけるのではなく、換気してから使いましょう。そうすることで、部屋にこもった熱気を流し、エアコンの負荷を減らせ省エネ・節電になります。

 

換気するときは、扇風機やサーキュレーターを活用することで、短時間で効率的に換気をすることができますよ!

 

エアコンは乾燥に注意。眠る前は水を飲もう

 

眠る前は、少し多めに水分を補給し、脱水状態にならないように注意しましょう。

 

加えてエアコンをつけることで、部屋自体が乾燥していますので、喉を痛めることもあります。就寝中は枕元に、ペットボトルなどをおいて水分補給できるようにすることもおすすめですよ。

 

また、加湿器を利用したり、濡れタオルを枕元にかけておくだけでも違います。

 

エアコンを上手に使いながら、エアコン特有の乾燥対策も同時に行い、熱帯夜特有の寝苦しい夜を少しでも快適に過ごしましょうね。

 

【関連記事】

 

赤ちゃん就寝中のエアコンの設定温度は何度にする?

 

熱帯夜!高齢者のエアコンの設定温度は何度が常識?

 

 

スポンサードリンク