勝毎花火大会 2016の日程と穴場観覧ガイド

勝毎花火大会 2016の開催日程

 

2016年8月13日(土曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

結構前に花火大会のランキングTOP10入りをしていました。北海道帯広市の勝毎花火大会です。

 

勝毎花火大会の特徴は、音に合わせて花火が打ち上がる。それと音楽とレーザーと花火で空を彩ることです。

 

席、見やすいスポットについて

 

有料席は17000円〜4000円まであります。ファミリー席、ペア席、自由席と分かれています。

 

十勝に住む方優先の席、一般開放席とあります。

 

いろいろなランク毎の席があります。有料席と別に、無料席もあります。整理券がいるエリア、チケットが必要ではないエリア、体の不自由な方のエリアがあります。

 

近くで、大迫力で見たい!そういう方には、チケットが必要ではない一般開放エリアがおすすめです。

 

その他は大橋の上から見る花火(花火大会仕様になっています)音更町側の河川敷に入る前の道路です。

 

花火大会の日はほとんどそこは車の立ち入りはないので、安全に見られます。

 

帯広側では、警察署と児童保健センターの間の道路から入って行き、奥まで行くと公園があります。そこの公園も結構人がいますが、安全に安心して見られます。

 

ちょっと歩けばすぐに出店もあります。会場内(河川敷)ではないと、小さい花火や、ナイアガラが見えないことがあります。

スポンサードリンク

 

勝毎花火大会2016のアクセス情報

 

花火大会前日から、各地より来る方が結構います。道内から、本州、九州からという方もいらっしゃいます。

 

車は本当に渋滞です。

 

当日から来る場合は、渋滞になる覚悟が必要。肝心の花火大会に間に合わないかもしれないということを考えたほうがいいです。

 

それから、宿泊です。ホテルは満室だらけです。ラブホテルも満室になります。

 

なので遠方から来る場合は、早めに抑えといた方がいいです。早い方では今年の花火大会が終わった直後に、来年の予約もすると聞きました。

 

それくらい満室になるということです。

 

帯広に来たからには

帯広に来たからには、豚丼!という方もいると思います。いいえ!私はインデアンカレーをおすすめします

カレーです。でもふつうのカレーとは違います。お値段もお手頃価格なので、500円以内で食べれたりもします。

 

3種類のカレールーがあります。インデアンルー、ベーシックルー、野菜ルーとあります。メニューも様々で、トッピングもあります。

 

私のおすすめは、インデアン野菜チーズです。インデアンルーに野菜ルーを混ぜ、トッピングにチーズです。

 

インデアンカツも美味しいです。ガッツリ行きたいときはこれがおすすめです。

 

行かれる場合は、早めに行ったほうがいいです。ルーが売り切れるとお店は閉店してしまうので、早めにです。

 

18時に行っても、もう、ルーがありませんということがあります。それほど人気です。

 

帯広人からしたら豚丼より、インデアンです。地方の方からしたら、なぜ、ここに来てカレーを?と思うかもしれませんが、私からしたら、豚丼は食べに行かないで、家で作る。そういう考えです。

 

帯広の多くの人はそういう考えだと思います。家に、豚丼のタレがあるくらいです。帯広に来た際にはぜひ、インデアンに行ってみてください。

スポンサードリンク