長岡まつり 2016の日程と穴場観覧ガイド

長岡まつり花火大会 2016の開催日程

 

2016年8月2、3日 打ち上げは19:20からを予定。

 

長岡まつりは長岡空襲からの復興を祈って、行われはじめたお祭りです。2004年の新潟県中越地震から力強く復興した意味でも、盛り上がりを見せる花火大会です。

 

全国三大花火大会とも称されており、新潟県民の自慢の花火大会でもあります。

 

前夜祭の8月1日は歩行者天国で、駅前の大手通りがとても盛り上がっています!

 

復興祈願祭のため日にちは決まっていて、長岡がこんなに盛り上がることがあるのか・・・というくらいその日はとてもたくさんの人が訪れにぎわっています。

 

なんといってもみどころは3尺玉!!とても大きな花火が打ちあがり、後から聞こえてくる音は地震かってくらい揺れ響きます。

 

3尺玉は上がる前に、空襲のサイレンが鳴り、とても静かで、緊迫した空気が観客にも広がります。

 

そして、あがると歓声が、そして音が鳴ったあとには、自然と拍手がおこります。

 

そのくらい見ている人の心を魅了します。

 

あとは、中越地震の後からはじまったフェニックス花火が魅力的ですね。

 

100連発の花火が音楽と一緒に流れます。あたり一面が花火でいっぱいになり、幻想的な空間に連れて行ってくれます。

 

3尺玉の前にあるナイアガラの滝もとてもいいです!

 

でもこれは橋の近じゃないと見えないので場所取りが大事です。

スポンサードリンク

 

長岡まつり おすすめスポットは河川敷!

 

おすすめの観覧スポットはやっぱり河川敷ですね。とてもよく花火が見れますし、打ち上げ場所が違う花火もあまり差がなく見ることができます!

 

河川敷から見るフェニックスはなんといっても最高です。

 

本当に目の前が花火でいっぱいになります。3尺玉を注目してみたいならば、幸町の原信が実は隠れスポットです。旧市役所の近くにある原信というスーパーです。他の花火は全然見えないので、混みません。だから、買い物に行ってそのまま車を停めておけますし、買ったものをつまみながら、3尺玉があがるのをまつのもいいですね。花火がすごくきれいに見えるわけではないのですが、打ち上げ場所の近くなので、どこよりも音が大きく聞こえます。

 

nagaoka

 

3尺玉は9時と9時半の2回あがります。2日間あるので、4回打ち上げられます。

 

1日くらいは音を重視するのも楽しいかもしれませんね。

 

他県から来られる場合駐車場に困ると思います。駅近くの有料パーキングはすぐに埋まってしまいますし、スーパーなどは買い物客でない人が増えないように、警備員をつけていたりします。

 

長岡市では駐車スペースとして、丘陵公園をあけています。

 

そこからシャトルバスもでているので、安心してください。帰るときはとても混みます。思うように歩けず、車にもつかない。そして車についていざ発進しても渋滞…。だからおすすめは、1回目の3尺玉をみたらもう車に向かうことです。

 

1回目の3尺玉が上がって、終わりか~となりますが、また花火が打ちあがります。

 

他県からきた観客の方は「まだあるんじゃん」とその場にとどまります。

 

そうして2回目の3尺玉を見てしまうと混雑ラッシュに巻き込まれます。

 

1回目の3尺玉を見て、2回目は車の中で見るくらいが一番スムーズに帰る方法です。

 

でもせっかくだから見たいって人も多いですよね!だから、泊まるのが1番かもしれません(笑)

 

ゆっくり泊まって、長岡まつりの大迫力の花火を楽しんでください。

スポンサードリンク