仙台七夕花火祭 2016の日程と穴場ガイド

仙台七夕花火祭 2016の開催日程

 

2016年8月5日(金曜日) 打ち上げは19:00からを予定。

 

仙台七夕花火祭は、打ち上げ数16000発を誇る東北ナンバーワンの花火大会。

 

2016年も大いに盛り上がることは間違いありません。会場周辺の歩道橋上は毎年にぎわうポイントです。

 

しかし、年によって規制がかかっていることもあるので要注意。

 

特にお勧めしたいのが、青葉城址からの眺めです。青葉(仙台)城址というのは昔仙台城が建っていた場所のことを示し、今では仙台屈指の観光スポットとなっています。

 

花火鑑賞を兼ねて観光というのもよいのではないでしょうか。

 

花火大会会場へのアクセスは、仙台市営地下鉄南北線広瀬通駅から徒歩で15分ほど。

 

乗用車で来場される方のために駐車場もあるのですが、こちらは非常に混雑します。また、交通規制も敷かれますので、予定通りに会場に到着するということは非常に難しいように思われますから、車での来場はおすすめできません。

 

花火大会に行かれる方には、できる限り公共交通機関での来場がお勧めですね。

 

また、仙台七夕花火祭りの会場に設置されているトイレは非常に混み合っており、長蛇の列ができてしまうため使用は困難です。

 

スポンサードリンク

 

仙台七夕花火祭の帰りに寄りたいスポット

 
 

花火大会が終了後、どこかでほっと一息&トイレ休憩が必要だという方は、会場から大通り沿いに徒歩5~10分ほどの距離にカフェ ベローチェがあります。

 

こちらも花火大会終了後は多くの方がどっと押し寄せるスポットではあるので、花火が終わった後は即座にこちらに移動するのが吉でしょう。

 

浴衣を着た様々な人々が通りを歩いて行くのを見る事ができるので、休憩をしながらもお祭り気分を味わうことができます。

 

また、花火大会の後に寄るとよいのがアーケード。こちらには様々な店舗が軒を連ねており、非常に便利な場所になっています。

 

特別な観光地ではありませんが、何よりもお勧めであるポイントが、ドラッグストアの多さです。アーケードを歩けば何店舗ものドラッグストアが見つかります。

 

下駄の鼻緒で怪我をしてしまった、浴衣で歩いて汗だくになってしまった、デオドラントが必要などといったお祭り後特有のお悩みがある方にはとても便利ですね。

 

また、古くからの八百屋さんなどから最新のファッションを取り扱うアパレルショップなど、アーケードに存在する店舗の種類は多種多様です。

 

若者だけではなくご老人の方々にも楽しんで頂ける環境になっています。

 

それに加え、飲食店(特にカフェ)が多く存在しているため、お祭り後の疲れを癒すには最適な場所と言っても過言ではありません。

 

仙台七夕花火祭りのあとは、あらゆる店舗が立ち並ぶアーケードで、ショッピングやお茶など、様々な形で仙台の町を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク