2016年台風1号 沖縄に影響必至

2016年の台風1号接近中!気になる沖縄への影響は?

 

観測史上2番目の遅さで発生した台風1号ですが、現在は沖縄の南を通って沖縄諸島に接近中です。

 

7月7日の時点でも週末にかけて台風の影響が出てくると発表されているので充分に警戒が必要な状態です。

 

既に沖縄の南側海域では波が高くなっている可能性も高いので海上付近では特に注意が必要!

 

沖縄に接近している台風1号ですが、危険なのは沖縄だけではありません。実際台風1号の周りにはすでに湿った空気の影響で雨雲が発生しているので、先島諸島だけでなく沖縄本土・九州エリア・四国エリアなど広い範囲に雨の影響が出てきそうです。

 

このまま北上していく予想なので、今週末あたりは特に警戒しておきましょう。

 

沖縄便の欠航はある?沖縄旅行への影響はどうなるの?

 

暑さも本格的になってきたシーズンでは沖縄へ旅行を計画している方も多いでしょう。

 

しかし7月8月とまさに夏本番!の沖縄は台風の影響がとても強いのも特徴です。

 

今回の台風1号も沖縄本土への直接的な上陸ではなさそうですが、付近を通過することで天候に大きな影響が出てきます。

 

空の便の欠航も充分に考えられます。

 

週末にかけて台風接近が心配されているので、可能な場合は旅行を中止した方がいいのかもしれません。

 

JALでは台風などの影響で欠航が見込まれる場合には手数料なしで搭乗予定便の変更も可能なのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

しかしながら旅行ではなく仕事などでやむを得ず行かなければならない場合は、空の便・海の便共にいつ欠航になるのか分からない状況なので常に確認しておきましょう。

 

 

気になる台風の規模!沖縄でのマリンスポーツにも大きく影響

 

今回発生した台風1号ですが、「非常に強い勢力を保っている」という状態です。

 

大雨や高波・突風になるようなので今週末に沖縄への旅行を考えている方は難しいかもしれません。

 

沖縄本土へ向かっているわけではありませんが、石垣島あたりに向かっているのでマリンスポーツを計画していた場合には残念ですが、海に入る事自体ができない可能性が高いです。

スポンサードリンク

 

沖縄に接近中の台風1号!今後の進路と本州への影響

 

沖縄の南の海上を進んでいる台風1号ですが、北西に向かっている為沖縄本土への上陸はなさそうです。

 

このまま台湾の方へ向けて進んでいく予定なので、本州への進路変更は今のところなさそうです。

 

台湾を抜けたあとは中国の方へ進んでいく予想。

 

それでも台風1号の周りに発生している雨雲の影響で沖縄本土や九州・四国では風が強くなくとも局地的な大雨が発生する可能性が充分考えられます。

 

【関連記事】

台風1号 2016 進路予想は台湾直撃!

 

台風1号 2016 発生が遅いと台風シーズンはどうなる?

スポンサードリンク