足立の花火の日程と打ち上げ時刻は?2017年の花火大会情報

2017足立の花火の開催日程

 

2017年7月22日(土曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

 

東京で花火大会と言えば足立の花火大会が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

足立の花火大会はとても人気で、全国でも13位の人気となっています。

東京では第一に輝いているので、その人気の高さがうかがえます。

2017年も足立の花火大会が行われますが、当日までに日程や打ち上げ時刻を調べておこうという人も多いでしょう。

では足立の花火の日程と打ち上げ時刻について紹介するので、しっかりとメモしておいてくださいね。

 

 

足立の花火大会の日程と会場について

 

足立の花火大会の日程は2017年7月22日の土曜日です。

場所は荒川河川敷で行われます。

 

雨天時・荒天時は中止となりますので、天気予報もチェックしておきましょう。

少しくらいの雨であれば行われますので、大雨でなければ場所を確保しておいた方がいいかもしれません。

 

会場には有料席もありますが、2016年7月現在ではすでに完売しています。

今後キャンセルがあれば購入することもできます。

 

足立の花火大会の打ち上げ時刻と打ち上げ数は?

 

足立の花火の打ち上げ数は約1万3500発となっています。

 

隅田川花火大会と遜色ないと思われるかもしれませんが、隅田川は会場が2つに別れてしまっています。実際には、すべての花火を見ることができないわけですね。

 

そこへいくと足立の花火は荒川の広い河川敷が会場となっていますから、1万3500発の花火が打ち上がられるのをすべて見届けることができます。

 

隅田川の2倍楽しめる!といっても過言ではありません。

 

花火の打ち上げ時刻についてですが、打ち上げの開始は19時30分からです。

 

それから一時間花火が打ち上げられ、20時30分に終わります。

 

打ち上げ時間が短いのも足立の花火の特徴で、短時間に一気に打ち上がる花火はまさに圧巻の一言に尽きます。

 

 

足立の花火大会は人が多いので迷子に注意!

 

足立の花火大会は例年約55万人の人が集まります。そのため早くから場所を確保しておく必要があるので、良い場所で花火を見たい人はぜひ場所を取っておいてください。

 

これだけの人が集まるので、子供連れの人は子供が迷子にならないようにしっかりと手を繋いでおきましょう。一度はぐれると大変なので目を離さないようにしてくださいね。

 

大雨や荒天時には花火大会が中止となり、順延はありません。ですので中止になったから他の日に延期ということがないので、その点も覚えておきましょう。

 

これは2016年から順延をなくしたので、毎年行っている人はぜひ覚えておいてくださいね。

 

東京で大人気の足立の花火で夏を楽しむ

 

足立の花火大会は人気度の高い花火大会ですが、隅田川花火大会や東京湾大華火祭(2017年は開催なし)と比べるとイマイチ知名度が落ちます。

 

ですが、東京湾大華火祭が東京オリンピックの準備のため開催されなくなったこともあり、今後ますます注目が高まる花火となることは間違いありませんね。

 

 

 

 

スポンサードリンク