港まつり花火大会 2016の日程と超穴場ガイド

港まつり花火大会(和歌山) 2016年の開催日程

 

2016年7月24日(日曜日) 打ち上げは20:00からを予定。

 

私のお勧めする花火大会は和歌山県和歌山市で開催される港まつり花火大会です。2016年の日程は7月24日で20時~21時です。

 

場所は和歌山市の和歌山港 中埠頭前の海上で打ち上げられます。

 

南海和歌山港線の和歌山港駅が最寄駅となるのですが、ものすごい混雑なので電車はあまりお勧めできません。

 

といって車だと港まつり花火大会開催場所付近にある県道16号線に交通規制がかかってしまいますし、この辺りには駐車場がないので車を止めれず右往左往することになります。

 

和歌山 港まつり花火大会の穴場&アクセス

 

しかし私お勧めのアクセス方法は車です。車といっても現地付近まで車で行くのではなく、少し離れてますが県道15号線(地元では大浦街道)を利用します。

 

県道16号線は道路は片側2車線と広いものの、工場が多くて車を止める所もありませんが県道15号は道路沿いに色んなお店があって車を止めやすいからです。

 

県道15号線沿いの駐車車からだと和歌山港 中埠頭まで徒歩で20分ぐらいかかりますが、帰りは渋滞なしで帰れるのでとてもお勧めです。

 

ちなみに電車だと駅まで徒歩で15分程度、駅に着いてから電車に乗るまでに1時間以上かかりますので、断然こちらの方が時間短縮出来ます。

 

スポンサードリンク

お勧めの観覧場所ですが、一番のお勧めは和歌山港 中埠頭まで行って最前列で花火を見ることです。

 

前の方まで行くと海からの涼しい風が来るので快適に花火を見ることが出来ます。

 

逆に注意なのが、その手前にある大量の夜店地帯です。ここは人口密度が高すぎて人の熱気でものすごく暑いんです。海から涼しい風が吹いて来てもムシムシしますし花火もみずらいので気をつけてください。

 

まだある! 港まつり花火大会の穴場

二つ目にお勧めなのが県道15号線沿いにあるオークワ大浦街道店の屋上駐車場です。ここなら車を止めるのも簡単ですし、屋上から花火を見るので障害物なしにキレイな花火を見ることが出来ます。

 

オークワというのはスーパーなので飲み物や食べ物が欲しいと思えばすぐ購入できますし夜店と違って値段もお安いのでお得です。しかもトイレにもすぐ行けるので小さいお子様連れの方やトイレに不安を感じる方は是非押さえて欲しいポイントです。

 

これだけ良い場所なのになぜ2番目かというと、花火まで距離が遠いんです。

 

花火の魅力ってキレイさと迫力だと思います。特に距離が近いと花火が上がる度に体の心まで響くような振動が伝わって来ますし、これこそ花火の醍醐味だと感じる人は少なくないと思います。

 

快適に見ることが出来ても迫力が少なくなってしまうので2番目にお勧めしたわけです。

 

三つ目にお勧めなのが雑賀崎の灯台です。ここはズバリカップル向けです。和歌山港から少し離れてるので、地元民でも雑賀崎周辺の人しか知らない超穴場スポットです。この辺りは小さい山のようになっていて標高が高く、地元の人は自宅から花火を見れるのでわざわざここに来ないんです。

 

灯台は高い位置にあるので障害物なく花火全体を見て楽しめますし、人も少ないのでデートには本当にピッタリです。

 

灯台前には駐車場もあるので車で来てもらっても大丈夫ですし、渋滞とは関係のない場所なので帰りも快適に車を運転して帰れます。

 

花火をみてから快適なドライブデートも出来るのでカップルの方には是非お勧めです。私なりに和歌山県和歌山市の港まつり花火大会の観戦ポイントをまとめてみました。迫力なら1つめ、家族連れなら2つめ、カップルなら3つめ、って感じで参考にしてみてください。

スポンサードリンク