古河花火大会 2017 日程と穴場ガイド

古河花火大会 2017年の開催日程

 

2017年8月5日(土曜日) 打ち上げは19:20からを予定。

 

古河花火大会の魅力は何といっても、なんと25,000発もの花火を打ち上げる関東最大級の花火大会であるところだと思います。

 

風光明媚な渡良瀬川の河畔にてたくさんの花火が打ち上げられ、なかでも最後に打ち上げられる三尺玉は圧巻です。

 

動員数55万人とがたいへん多く2016年もかなりの人出が見込まれます。当然、帰りがたいへん混み合いますから、遠方からいらっしゃる予定の方は宿を予約してから来たほうが良いと思います。

 

渡良瀬川の河畔に座って鑑賞するのもいいですが、古河市松並町にあるマーケットシティでの鑑賞がお勧めです。

 

花火がよく見え、かつスーパーなどのお店が営業しており、食事や飲み物の買い出しに便利である他、別のスポットより比較的人が少ないため、落ち着いて鑑賞することができます。穴場としておすすめします。

 

マーケットシティには大きな駐車場もあるので、車でのアクセスが便利です。帰宅する際にも比較的混雑を避けて帰ることができます。

 

スポンサードリンク

 

 

日中から来て観光するのであれば、古河第一小学校付近に位置する鷹見泉石邸周辺が、落ち着けて小京都といった風情を楽しむことができます。

 

国道125号線沿いには、フランドルというハンバーグ屋さんがあり、おいしいランチを食べることができます。

 

近くにある向堀川にはおびただしい数の鯉が生息しているので、鯉が好きな方にもおすすめなエリアです。

 

会場である渡良瀬川を少し北上すると、渡良瀬遊水地というハート型の湖があって、特に早朝や夕方は息をのむほど幻想的な景色を見せてくれますので、カップルにも単身者にもお勧めです。

 

イオンやイトーヨーカドーといった店舗も近隣にあります。ギガマートというスーパーが食料を調達するのに安価で済みます。

 

花火大会の会場では、たくさんの屋台が立ち並びまして、常に喧噪に包まれています。なかでも鉱石つかみどりがとても楽しかったですよ。

 

イトーヨーカドーの屋上などの高いところから見ると、古河市は高い建物が無いので最高に花火をよく見ることができます。

 

広い公園なども多く、カップルにもお勧めな花火大会と言えるでしょう。

 

10000円の有料席もあり、花火をのんびり楽しみたい方におすすめです。

 

大人数でくる場合の買い出しはジャパンミートというスーパーに行くと、安上がりでいいと思います。

 

 

古河の花火大会はよく家族みんなで毎年見に行っていたので、今でも見ると家族団欒を思い出してほっこりします。家族はもちろん、友達と、恋人と、一緒に行くにはとてもお勧めな花火大会だと思いました。

スポンサードリンク