ふくろい遠州の花火2016の日程と観覧ガイド

ふくろい遠州の花火 2016年の開催日程

 

2016年8月6日(土曜日) 打ち上げは19:00からを予定。

 

ふくろい(袋井)遠州の花火は、打ち上げ数が2万5000発という静岡県においても最大級の花火大会です。全国花火名人選抜競技大会ということで、全国の花火職人が集まる大会も兼ねた花火大会でもあります。

 

毎年、近隣や全国から大勢の方が観覧に来ます。仕掛け花火も多く、毎年テーマが決められた仕掛け花火もあげられます。

 

打ち上げ数も、かなり多いため花火が途切れることなく楽しめます。

 

毎年、有料観覧席が販売されるため、どうしても近くで座って見たい人は、早めに購入しておくことも一つの方法です。また、花火大会の寄付金も募っていて、寄付金が多ければ有料観覧席のチケットを御礼として貰うことも出来ます。

 

ふくろい遠州の花火2016の穴場スポット!

 

穴場スポットとしては、多少離れても良いのなら、愛野駅側の川の土手周辺や磐田市の田んぼ道が穴場スポットです。

 

打ち上げ会場周辺は、高い建物もあまりないため、至る所の田んぼ道で花火を目にすることが出来ます。

 

袋井駅、愛野駅周辺でも、高台の場所では見る事ができるので、当日に探してみても良いと思います。露天もたくさん出るため、自分の好きな時間、好きな物をたべることも出来ます。

 

ただ、物凄い人が来るため、どの交通機関で来てもかなりの混雑が予想されます。毎年、午後の3時頃には、花火大会の会場の周辺道路は規制が入ります。

 

そのため、車での来場が困難になります。車で来る場合には、早めに周辺に来ておくことが必要です。

 

駐車場も、袋井駅と愛野駅周辺に数カ所あるのですが、早いとお昼頃には全て埋まってしまいます。

 

しかし、駅周辺の空き地を利用して1日1000円から2000円程度で周辺住人の方が、当日のみ駐車場を開いている箇所もあります。

早めに会場周辺に行き、看板を立てているので、早めに停めておくと便利です。

スポンサードリンク

 

電車ならば愛野駅下車がおすすめ

 

ふくろい遠州の花火2016の会場へのアクセスは、袋井駅よりも愛野駅のほうが会場まではやや距離があるかもしれないですが、道も平坦でオシャレなカフェもたくさんあるので、花火大会が始まるまで時間を潰すことも出来ると思います。

 

また、帰宅する際には、周辺道路は混雑して全く車が動かない状態になることも多いです。

 

あまり渋滞に巻き込まれたくない方は、花火終了に差し掛かってきたら早めに駐車場付近まで行っておくことも必要になります。

 

更に、当日は臨時駐車場としてエコパスタジアムの駐車場が開放されます。

 

こちらも、有料にはなりますが、収容台数が多いため、運が良ければ夕方頃まで停めることが可能です。

 

しかし、エコパから花火大会の会場までは距離がある上に、帰りは緩やかな坂が長く続くので、高齢者や浴衣で歩くことが大変な方には不便な場所になります。

 

当日、電車で来る場合には、かなりのギュウギュウ詰めです。

 

降りる駅は、どちらかというと袋井駅の利用客が多いと思います。

 

そのため、帰りで下り線を利用したい方は、距離が多少あっても愛野駅から帰ったほうが座れる率は高くなります。

 

最後に、毎年かなりの確率で袋井の花火終了頃に雨が降り出します。2016年も雨に降られる可能性が高いので、荷物の余裕があったら、雨具の対策もしていったほうが良いかと思います。

スポンサードリンク