関市武芸川ふるさと夏まつり花火大会2016 日程と観覧ガイド

関市武芸川ふるさと夏まつり花火大会 2016年の開催日程

 

2016年8月14日(日曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

「関市武芸川ふるさと夏まつり花火大会」は、岐阜県関市武芸川町の宝見橋下流の八幡堤防で打ち上げられるローカルな花火大会です。

 

日程は、8月14日(日)の午後7時30分~午後8時20分と毎年同じ日に決まっていて、ちょうどお盆なので地元に帰省した人も楽しみにしています。

 

小雨の場合は決行で、荒天・増水の場合は、今年は8月16日(火)に延期が決まっています。

 

打ち上げ花火は約1000発と少なめですが、住民総参加の手づくりの花火大会を目指していて、3号玉、4号玉、スターマイン、仕掛花火の他にも、幅100mの銀滝やフィナーレを飾る特大スターマインは見事です。

 

 

大きな花火大会のような賑わいはありませんが、ローカルならではの良さがいっぱいです。

 

関市武芸川ふるさと夏まつり花火大会 2016年の観覧ガイド

 

花火の打ち上げ場所のすぐ近くの宝見橋は歩行者天国となり、直下で花火を見上げるができます。

 

また、宝見橋上流・下流の堤防道路からも、目の前で花火を楽しめます。(堤防道路は、花火が打ち上げられる宝見橋近くの一部が通行止めになるので注意が必要です)

 

人出は約1万人と言われていますが、観覧者は一箇所に集まらず、打ち上げ場所の周りに広がる感じなので混むイメージはありません。

スポンサードリンク

特に堤防沿いの道路は、それぞれ敷物や椅子などを持ち、始まる少し前に出かければ大丈夫なところも魅力です。

 

我が家は堤防沿いに親戚の家があるので、夕方そこに集まり、みんなでバーベキューをしてから花火を鑑賞します。

 

子供達は浴衣に着替えて花火を見ることをとても楽しみにしています。また、周りに大きな建物などの障害物がないので、堤防沿いだけではなく町内のいろんなところから花火大会を楽しめます。

 

花火の打ち上げ場所から北に約1キロのところにある「関市武芸川温泉ゆとりの湯」の駐車場も、少し高台にあるので花火を楽しむ方法の1つで、ここで入浴してから花火を楽しむ方も多いようですが、今年の3月に民間企業に譲渡されていて、現在工事中のため残念ですが今は利用できません。ご注意ください。

 

アクセス方法は、東海北陸自動車道美濃IC・東海環状自動車道関広見ICから車で約15分で宝見橋付近に着きます。

 

ナビを使用する場合は、無料駐車場でもある「武芸川中学校」を検索して行くと便利です。宝見橋は、

 

この中学校から南へ約200mです。公共交通機関を使用することもできますが、長良川鉄道美濃市駅からタクシーで20分、JR・名鉄岐阜駅から美濃行きバスで40分(武芸八幡下車徒歩5分)と少し大変です。

 

武芸川中学校グラウンド・関市武芸川生涯学習センターなどに、250台の無料駐車場が用意されるので車がオススメです。

 

出店などはほぼないので、腹ごしらえしてから行くといいですよ。

スポンサードリンク