玉名納涼花火大会2016の日程と観覧ガイド

玉名納涼花火大会 2016年の開催日程

 

2016年8月5日(金曜日) 打ち上げは20時からを予定。

 

熊本県では残念なことに地震の影響により相次いで2016年度の花火大会が各地で中止されていますが、玉名市では熊本県復興の意味を込めて2016年も花火大会が開催されます。

 

この玉名納涼花火大会は県内でも最大規模の花火大会となっており、その花火の数は地震から一歩前進するという意味を込めて1万とプラス一発が打ち上げられる予定です。

 

菊池川高橋大橋上流の河川敷の川の向こう側や、また川の中からも花火が打ち上げられますので、観覧席からわずか200mというとても近い場所で花火を観覧することができます。

 

玉名納涼花火大会は「ミュージック花火」と呼ばれ、後半では音楽とともに花火が打ち上げられる「音と光の幻想」という独創的な演出が見られます。

 

河川敷や高瀬本町商店街、周辺の道路が歩行者天国になり、かき氷や焼き鳥、焼きそばなど多くの屋台が立ち並びます。

 

河川敷付近では仮設のトイレがいくつか設置されます。

 

玉名納涼花火大会 2016年へのアクセスは電車で

 

花火大会会場へのアクセス方法は、電車かあるいは車で行くことができます。

 

電車来られる場合は、JR鹿児島本線玉名駅から徒歩15分、または九州新幹線の新玉名駅から徒歩約20分ほどです。

 

車で来られる場合は高速道路、九州自動車道から菊水ICで降りて、県道16号線を通って約15分ほどです。

 

河川敷そばに駐車場があり、料金は無料ですが2,000台程で満車になります。駐車場に停められなかった場合は付近で停められるところを探さなければいけませんが、当日は渋滞が予想されますのでなるべく電車で来られることをおすすめします

 

その際の切符はあらかじめ往復で買っておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

 

玉名納涼花火大会 2016年おすすめ観覧ポイント

 

 

 

観覧席は無料で、午後17時より場所取りをすることが出来ます。2016年は熊本県内の各地で花火大会が中止となっているので、この玉名納涼花火大会に多くの人が集まることが予想されます。

 

花火大会会場近くには桃田運動公園や蛇ヶ谷公園といった場所があり、そちらでも十分に花火を観覧することができます。

 

どちらの場所も夜間にライトアップがされますのでそちらの雰囲気も楽しむことが来ます。周辺には高い建物はほとんどないので、少し離れた位置から花火を見るのも良いのではないでしょうか。

 

打ち上げ終了後も駅までの道や駐車場が大変混雑し、また警察による整備によってその場所に留まることが出来ませんのでお気を付けください。

 

ここ玉名では美人の湯とされる玉名温泉で有名で、お時間のある方はぜひ立ち寄られてください。温泉宿によっては当日の宿泊客専用の見物桟敷席を用意している場合があります。音楽とともに打ちあがる色とりどりの花火が作り出す幻想的な世界は、ここ玉名納涼花火大会でしか味わうことが出来ません。

 

熊本復興に向けて一歩踏み出した、切実で力強い花火をお楽しみください。

スポンサードリンク