佐鳴湖花火大会 2016の日程と観覧ガイド

佐鳴湖花火大会 2016年の開催日程

 

2016年8月6日(土曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

すすめ観覧ポイント

佐鳴湖花火大会2016の開催される佐鳴湖畔東岸の公園佐鳴湖は、浜松市西区の住宅地の中にある比較的小さな湖です。

 

湖畔をぐるりと道が囲み、東岸と西岸は公園になっています。

 

湖を囲んで360度どこから見ても楽しめるのですが、花火の打ち上げポイントは西岸にありますので、対岸である東岸の公園が特に絶景ポイントです。

 

空に咲く花火が、鏡のように湖に映る様子が見られるのでとても風情がありますし、1発の花火で2倍楽しむことができるのです!

 

 

便利なアクセス方法

東海道本線高塚駅から徒歩20分程度浜松駅から遠鉄バスに乗る場合、佐鳴湖周辺に到着する路線は複数ありますが、混雑が予想されます。

 

佐鳴湖の最寄り駅である高塚駅から歩いたほうがよいです。

 

距離は2kmほど離れていますが、高塚駅から北へまっすぐ行けばよいので、迷う心配はありません。現在は高塚駅は建て替えられてエレベーターの設備ができましたし、北口もできましたので、ますます便利になりました。

 

スポンサードリンク

 

佐鳴湖花火大会の穴場スポットは?

花火大会は楽しいけれど、観覧の荷物をまとめるのが大変だし、トイレも心配・・・

という方に、超おすすめスポットがあります。

 

・イオン浜松西店

 

佐鳴湖の南岸から徒歩数分のところにあるイオン浜松西店さんが、花火大会の日の18時から、観覧席として屋上駐車場を無料開放してくださるのです。

 

エレベーターでいつでも店内に行けますので、きれいなトイレをすぐに借りることができますし、冷えたビールやお茶、できたての温かいお惣菜を購入して、花火を楽しみながらいただくということもできます。

 

もちろん、授乳室やおむつ替えシートも完備されていますので、小さな赤ちゃんを連れたお母さんには特に便利です。おむつやおしりふきが足りなくなったとしても、すぐに買い足すことができます。

 

比較的高い建物の屋上ですので、蚊が少ないというのも嬉しい点です。

 

・大平大橋

 

佐鳴湖西岸から流れる川に、大平大橋という、比較的新しくて大きな橋が架かっています。

 

ここは地元の人が知る格好のスポットとなっています。小高い山の上の橋なので、景色がとてもよく見えるのです。

 

橋から川までの高さはかなりのものがあるので、その点でも絶景スポットです(人によっては絶叫スポットかも知れません)。

 

・遠鉄ストア

 

また、この橋から北へ少し行ったところに、遠鉄ストアという地元のスーパーがあります。

 

買い出しの拠点として非常に便利です。授乳室の設備はありませんが、おむつ替えシートはあります。

 

ただし、お手洗いの数は少ないです。その点にはご注意ください。

スポンサードリンク