乳がん検診のエコー費用はいくらかかる?

乳がん検診のエコーの費用は?意外に安いその金額とは

 

 

乳がん検診は女性にとってとても大事な検査の一つです。

乳がんは若い世代でも発症する恐れがあるので、若いからといって安心せずに検査を受けておいた方がいいでしょう。

乳がん検診にはいくつかの検査項目があります。

世代によってどの検査を受けるかが変わるのですが、ここでは乳がん検診のエコーについて紹介します。

乳がん検診のエコーはどんなものか、また費用はどれくらいかかるのかについて紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

乳がん検診のエコーとは?

 

乳がん検診の際のエコーは、当然乳房を調べることが目的です。

高い周波の超音波を出し、乳房の内部の状態を白黒の画像で出すことができます。

乳腺を白で出し、癌を黒で表します。

ただエコーの場合は良性の腫瘍でも黒となります。

そのためがん細胞かそうでないかを見極められる医師に検査をお願いする必要があるのです。

 

超音波エコーは若い世代におすすめされている検査です。

乳がん検診の中ではマンモグラフィーの方が発見に優れているとされていますが、若い世代は乳腺が発達している為マンモグラフィーでは癌を発見することが難しいとされています。

そのため20~30代の世代には超音波エコーでの検査が推奨されているのです。

 

スポンサードリンク

 

乳がん検診のエコーにかかる費用について

 

 

では乳がん検診のエコーの費用についてです。

エコーの費用は大体3500円前後となっています。

これは単独の場合で、前後・両方を行った場合は約1万円程となります。

これに診察代などを加算した金額がかかると思っておきましょう。

 

若い世代は乳がん検診を受ける時は全額自己負担となるケースが多くなっています。

乳がん検診は40代以上の女性がかかりやすいとされており、40代以上の女性は市区町村の検診を受ける事が出来るので比較的安く費用を抑えることができます。

20~30代はそれに含まれないため、費用を自己負担しなければならないのです。

自己負担するくらいなら受けないと考える人も多いと思いますが、そんな人は乳がんのセルフチェックだけでも定期的にしておきましょう。

そうすれば万が一しこりを見つけた時にすぐに対応することができます。

 

 

若い世代も二年に一回は乳がん検診を

 

 

乳がん検診のエコーに費用はそこまで高いとは言えません。

ですので若い世代でも二年に一度は受ける事が出来るでしょう。

若くして乳がんを発症し、亡くなったという人もいます。

自分は大丈夫、乳がんにかからないと甘く見ずに定期的に検診を受けておくことをおすすめします。

 

早期発見できればそれだけ完治する確率も高くなります。

 

【参考記事】進行性乳がんにおけるステージと生存率

 

乳がんは女性にとって大きな問題なので、できるだけ検診を受けるかセルフチェックをこまめにするようにしてくださいね。

スポンサードリンク