第29回姪浜精霊流し花火大会2016の日程と観覧ガイド

姪浜精霊流し花火大会 2016年の開催日程

 

2016年8月15日(月曜日) 打ち上げは20:00からを予定。

 

西区の北部にあるマリナタウン海浜公園で毎年8月15日に行われるのが「姪浜精霊流し花火大会」、通称姪浜花火大会です。

 

打ち上げられる花火の数は2000発で、地元の「姪友会」が毎年開催しており、2016年は29回目になります。

 

「姪浜精霊流し花火大会」の特徴として、水中花火、フィナーレの連発花火などバラエティに飛んだ花火を楽しむことができます。

 

ちなみに精霊流しの受付は午後18時からとなっており、姪浜漁港が会場となります。

 

姪浜精霊流し花火大会2016の観覧ポイント徹底解説!

花火大会の観覧ポイントとしては、砂浜にゆっくりと座りながら波の音と共に花火を楽しむのがおすすめです。

 

浴衣や下駄が汚れるのが気になる女性には、手前にジョギングスポットにもなっている舗装された道があるので、そこにレジャーシートを敷いて見るのもおすすめです。

 

海浜公園は砂浜沿いにあるので観覧客が多くてもゆっくり座れる場所が確保できるのでいいですね。

 

他にも近くのショッピングセンター「マリノアシティ」にあるイタリアンレストランの「イルフォルノ」「MOBYDICK」のデッキで食事をしながら鑑賞することもできます。また、カップルにおすすめなのが大観覧車「エバーランド」です。普段とは違う高い位置から眺める花火もまたロマンティックですね。

 

しかし、マリノアシティは花火開始の何時間も前から駐車場は満車になってしまうので、バスを利用するか早めに車を停めてショッピングを楽しんでから花火大会を鑑賞したいものです。

 

電車を利用する場合は、地下鉄姪浜駅から徒歩約15分ほどかかります。

 

また愛宕神社の境内もおすすめです。こちらは夜景スポットとしても有名で、博多湾を一望でき、福岡タワーを中心とした西区エリアはもちろん、能古島や志賀島まで180度のパノラマ夜景を楽しむことができます。

 

神社下にはすぐ駐車場が完備されており、終日利用可能なのも嬉しいですね。

 

 

一度は行っておきたい花火鑑賞クルーズ!

地上からの花火大会も十分楽しめていいですが、ワンランク上の贅沢さを楽しみたい人には「クルーズ花火」がおすすめです。

 

レストランシップ「マリエラ」では海上の特等席からみる夏の風物詩。『マリエラ 花火鑑賞クルーズ♪』があります。

 

ベイサイドプレイス博多ふ頭発着の約130分の花火クルーズで、フレンチコース料理とフリードリンク付で大人12,300円 子供9,520円で楽しめます。

 

花火大会の2ヶ月前から予約開始しているので、大切な人へのサプライズに予約するというのもいいですね。

 

【参考記事】姪浜周辺のおすすめ観光スポット情報はこちら

スポンサードリンク