東海まつり花火大会 2017の日程と観覧ガイド

東海まつり花火大会 2017年の開催日程

 

2017年8月12日(土曜日) 打ち上げは、19:20からを予定

 

愛知県東海市の中心にある大池公園で毎年開催されている東海まつり花火大会。2017年は第48回の開催となっています。

 

小雨決行ですが、荒天時は翌日の2017年8月13日(日)に延期になります。昨年は、13万人もの見物客がきた人気の花火大会です。

 

東海まつり花火大会 2017年のアクセス

 

アクセス方法は、電車の場合は、名鉄太田川駅から徒歩15分くらい、または名鉄新日鉄前駅から徒歩15分くらいです。

 

駅からかなり遠くてかなり歩きますが、当日は花火大会に行く人がほとんどですので、人の波に乗って歩いていけば思ったよりも楽に着きます(笑)

 

車の場合は、知多半島道大府東海ICから北西へ20分くらいです。

 

駐車場は、無料駐車場が2000台用意されているほか、臨時駐車場として近くの小学校・中学校の駐車場を開放しています。

 

車で来る人が多いので、どこの駐車場のすぐに満車になってしまいますので、思いっきり早目に行かれることをお勧めします。

 

周りの道路は、通行止めになるところや、住宅街になるので、細い道や一方通行の道路もたくさんあり、かなり渋滞します。

 

少し遠いですが、東海市立明倫小学校の臨時駐車場ですと、周りの道路は、そこまで渋滞はしていませんので、お勧めです。

 

スポンサードリンク

 

 

東海まつり花火大会 観覧ガイド

 

大池公園の中に野球場があり、たくさんの人がシートをひいて場所取りをしています。一番よく見えるスポットですが、大混雑します。

 

私のおすすめスポットは、平洲中学校の臨時駐車場です。

 

公園側を見ると、正面に花火が見えます。残念ながら低い花火は見えませんが、迫力のある音や大きな花火は見えます。露店からも近いので、花火が始まる前に露店巡りをして、ゆっくり花火を見るというのが私の楽しみ方です。

 

公園の北側の道路に露店が出ます。会場周辺の道路は、通行止めになっているので小さなお子さんがいる方でも安心して露店巡りができます。

 

車の心配はありませんが、人が多いので迷子にならないよう注意は必要ですよ。

 

道路沿いのお店も営業しています。暑いときは、お店に入って涼むというのも手ですね。

 

東海まつり花火大会 おすすめの近隣スポット

 

花火の会場は、大池公園ですが、名鉄太田川駅前にある「どんでん広場」も別会場になっていて、催し物が開かれています。ここからでも花火はしっかり見えます。

 

花火の会場の公園が小高い山ですので、東海市や知多市など結構どこからでも見えます。

 

「ゆかり」で有名な坂角総本舗の本社が東海市にあります。工場直送の出来立ても販売していますので、寄ってみたらいかがでしょうか。

 

カゴメの工場もあります。こちらは、見ることはできませんが、近くを通ると、ソースのにおいがします。このにおいをかぐと地元に帰ってきたなと思います(笑)

 

漬物で有名なダイニチの工場もあり、「万葉食堂」は、つけもの食べ放題のランチをやっています。オススメですよ。

 

 

東海まつり花火大会で思い出に残っているエピソードは、主人と付き合っている頃に初めて一緒に行った花火大会が地元のこの大池公園の東海まつり花火大会でした。

 

子どものころから行っているので、友人達もたくさん来ていました。主人は地元の人ではないので、初めて私の彼を連れて行った時に、私の地元の友人達に囲まれ、わやくちゃになっていました(笑)とても懐かしい、いい思い出です。

 

そんな思い出深い東海まつり花火大会、今年の開催も楽しみにしています。

スポンサードリンク