春日井市民納涼祭り2016 日程と観覧ガイド

春日井市民納涼まつり 2016年の開催日程

 

2016年7月23日(土曜日) 打ち上げは19:30からを予定。

 

愛知県春日井市にある落合公園で開催される花火大会が春日井市市民納涼まつり。2016年は第40回目の開催となる人気の花火大会です。

 

花火大会としては規模が大きく、毎年7月の第四土曜日に開催されます。2016年の日程は7月23日とやや早めになっていますね。

 

花火が3000発、ナイアガラやスターマインも打ち上げられます。落合公園の敷地が広いので模擬店の数が多いです。定番の食べ物が多いですが、ずらっと並んでいる模擬店にはお祭りらしさを感じられます。

 

他のスペースには盆踊り大会や地域のボーイスカウトによるトーチトワリングもあります。氷の彫刻、風鈴コーナーで涼しい夏を体験することも出来ます。春日井市のゆるキャラである小野道風をイメージした道風くんにも会えちゃいます♪

 

そして、今年は第40回目のお祭りとなるため、花火の数が4.000発になり、いつもより豪華なお祭りになるそうで今からとても楽しみにしています。

 

 

春日井市民納涼まつり 2016のアクセス

 

春日井市民納涼まつりへのアクセス方法は、無料シャトルバスを使うのが便利。

春日井駅、高蔵寺駅、勝川駅、名鉄味美駅、春日井市総合体育館から無料シャトルバスが出ます。

 

市の中心に公園があるのでどの方角からも行きやすいのが特徴です。公園は建物が少なく、大きな池と芝生が広がる公園なので何処からでも花火が見えます。とても大きく迫力があるので見応え十分ですよ。

 

車イスのは方専用の観覧場所もありますし、ゆったり花火を楽しみたい方は有料の個人協賛シート(¥2.000)があるのでそこからのんびり花火を鑑賞することが可能です。

 

スポンサードリンク

 

 

春日井市民納涼まつり 2016年のおすすめポイント

 

私のお勧め観覧場所は公園ではなく総合体育館です。シャトルバスが出ている場所になるのですが、総合体育館の駐車場から打ち上げ花火が見えます

 

ここは駐車場も多いので停めやすいですし、何より人が少ないのが嬉しいです。

 

お祭り会場ではないので屋台はありませんが、コンビニで買った食べ物をつまみながら花火をみてゆったりできるのでお勧めです。

 

会場の帰り道はとても混みます。普段30分で行けるところが1時間半かかります。そういった混雑を避けるために私はここ数年は体育館から見ることが多いです。

 

会場に行った際、花火大会の後にお勧めしたい中華料理店があります。会場の傍には国道19号がすぐ近くに走っています。その19号を名古屋方面にすすむと<梅園>という中華料理店があります。夜中2:30までやっているのでお祭り後でも十分間に合います。

kasugai_baien

そのお店の台湾ラーメンがお勧めです!名古屋名物でもある台湾ラーメンが380円の安さで食べれます。

 

辛さの中に甘みのあるスープが美味しくて癖になります。他にも青菜炒め、唐揚げなど中華の定番がどれも美味しく食べられますよ!!

 

お祭り後のビールを1杯飲みなおすには場所も値段もぴったりのお店です。

スポンサードリンク