刈谷わんさか祭り2016花火大会の日程と観覧ガイド

刈谷わんさか祭り2016花火大会の開催日程

 

2016年8月20日(土曜日) 打ち上げは19:00からを予定。

 

刈谷わんさか祭りの花火大会は毎年約7,000発の花火を打ち上げます。毎年約10万人の来場者を誇り、花火全体の規模としては岡崎の花火大会、豊田おいでんまつり、豊橋祇園祭りに次ぐ規模の大きさです。愛知県内屈指の花火大会といってよいでしょう。

 

花火のサイズも1尺玉など大玉の花火も打ち上がります。お祭りそのものは愛知県の中で一番新しくできたお祭りとされています。

 

刈谷の花火の一番の魅力は音楽に合わせて壮大に打ち上がる”スターライトシンフォニー”という花火です。

 

花火大会は19時から20時15分までですが15分単位でこの音楽に合わせた花火が打ち上がります。

 

また、昨年刈谷市制65周年を迎え花火のスケールも一段とパワーアップしました。今年から前夜祭と本祭に分けられることで昨年まで以上に来場者増える見込みになっています。

 

刈谷わんさか祭り2016花火大会の観覧ポイントとアクセス

 

刈谷わんさか祭りのポイントは刈谷総合運動公園の横を通る逢妻川河川敷が観覧ポイントです。

 

花火大会は2カ所を利用して打ち上げます。逢妻川河川敷からですと2カ所の花火を両方見ることができます。せっかく刈谷わんさか祭り2016に来られるのであれば、両方見えるポイントから観覧すべきと思います!

 

当日は午前中から河川敷一帯で席を取ることができますので、早く現地に向かえば向かうほどより花火と近いポイントで見ることができます。

 

スポンサードリンク

 

 

刈谷わんさか祭りのアクセス方法は公共交通機関を利用すると良いでしょう。JRでは刈谷駅、名古屋鉄道(名鉄)では一ツ木駅、富士松駅から徒歩15分ほどです。

 

また、JR刈谷駅ではお祭り開催当日、会場までの無料シャトルバスが出ます。こちらを利用するとよいでしょう。

 

お車で来られる方はお祭り開催当日は会場なので駐車場はありません。近くの中学校や小学校の運動場が臨時駐車場になります。

 

 

刈谷わんさか祭りは2016年から2日間に拡大!!

 

2016年から刈谷わんさか祭りはお盆の週の金曜日と土曜日の2日間に分けられるようになりました。

 

刈谷わんさか祭りでは花火大会と並んで刈谷総踊りという盆踊り大会が開催されます。昨年までは全てのスケジュールを1日で消化していましたが今年から、この総踊りを刈谷わんさか祭りの前夜祭として19日(金)に開催されるように決まりました。

 

この、総踊りはどなたでも参加できます。刈谷市民でなく遠方から来られる方でも気軽に参加できますよ。

 

そして20日(土)本祭にてお待ちかねの刈谷わんさか祭り2016 花火大会が開催されます。実は、刈谷わんさか祭りは数年前まで2日間に渡って行っていましたが当時はマナー違反が大変多く会場周辺の住民から大量の苦情が来たと言われています。

 

しかし、警備やセキュリティーも強化され昨年市制65周年も迎え新たな進化を遂げようという思いもあるみたいです。

 

今年2016年は、進化した刈谷わんさか祭り花火大会に是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
刈谷わんさか祭り2016 花火大会の日程と観覧ガイド。地元のファンが観覧ポイントやアクセスについて解説しています。わんさか祭りは今年から2日間にパワーアップ、期待大ですよ!