乳がん検診費用を抑えるコツ

意外に簡単な乳がん検診を抑える方法とは?

 

乳がんは女性にとってはとても恐ろしい病気です。

進行症状によっては死亡することもあるため、早期発見で早い段階から治療をしておくことが重要です。

 

早期発見をするには乳がん検診を受ける事が一番でしょう。

乳がんのセルフチェックの方法などもありますが、やはり医師に直接検査してもらった方が安心ですし確実と言えます。

 

ここで気になるのが乳がん検診にかかる費用

 

受けておきたいけど検診費用のことを考えると中々…そう考える人も多いでしょう。

では乳がん検診費用を抑える方法はあるのでしょうか?

 

 

乳がん検診費用はどれくらいかかる?

 

 

まずは乳がん検診費用がどれくらいかかるかを紹介しましょう。

 

40歳以上の女性は二年に一回、市区町村の検診を受ける事が出来ます。

市町村の乳がん検診なら0~3000円程度で受ける事が出来るので、乳がん検診費用を抑えることが可能です。

 

市区町村の乳がん検診は対象者が40歳以上に限らていることは問題です。なので40歳未満の女性の場合は全額自己負担の可能性もあります。

 

検査項目にもよりますが、大体2万円程度はかかると思っておいていいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

乳がん検診費用を抑えることはできる?

 

40歳未満の女性でも乳がん検診費用を抑えることはできます。

 

現在気になる症状があるのなら、まずは乳がん検診を行っている病院に行きましょう。

しこりがある場合は保険適応となるので、その際は安く検査を受けることができます。

 

こちらも検査項目によって費用が変わってきますが、1万円以下で済ませられます。

 

気になる症状がないけど、念のために受けておきたいという人はまずは乳がん検診を受ける病院を探してください。

 

気になる症状がない場合、病院によって検査項目が変わってきます。

 

検査項目が増えれば増える程費用は多くなるので、検査項目が少ない病院で検査を受ければ乳がん検診費用を抑えることができるのです。

 

まずは乳がん検診を行っている最寄りの病院を探し、見つけたら病院に電話をして検査項目について確認しましょう。

 

いくつかの病院に電話をして、一番少ないところで検診を受けるといいですよ。

 

 

乳がん検診は若い世代こそ必要な検査

 

 

乳がん検診は40歳以上の世代だけでなく、20代、30代の若い世代でも必要なものです。

若くして乳がんになった場合は、その進行度はとても早いので、その分早期発見を意識しておきたいものです。

 

忙しくて検診をついつい後回しにしていて、気づいた時には末期の状態なんてこともよく耳にするようになっていますし。

 

これを防ぐには乳がん検診を受ける事。

 

乳がん検診の費用はとても気になるところですが、上記の方法なら若い世代でも乳がん検診費用を抑えることができます。

 

一年に何度も受けなくてもいいので、二年に一回か一年に一回は受けておきましょう。

 

そうすれば万が一乳がんになったとしても、早期発見で早めに治療を受ける事が出来ますよ。

スポンサードリンク