乳がん検診 妊娠中はエコーで!

乳がん検診のエコーなどは妊娠中に受けても大丈夫?

 

若いころから定期的に乳がん検診を受けているという方も多いと思います。乳がんはいつ発症するかわからない物なので、二年に一回は受けておきたい検査の一つです。

 

定期的に乳がん検診を受けている中で、妊娠が発覚したらあなたはどうしますか?

 

誰もが赤ちゃんへの影響を考慮して、乳がん検診を一時的にストップさせるかと思います。しかしその間に乳がんになったら…と考えるとやはり怖いもの。

 

では乳がん検診のエコーなどは妊娠中でも受けてもいいのでしょうか?

 

 

乳がん検診のエコーや触診なら問題なし

 

 

妊娠中に乳がん検診を受けることは悪い事ではありません。ただ検査項目に気を付ける必要があります。

 

多くの女性が気になるのが、乳がん検診のエコーやマンモグラフィーは妊娠中でも大丈夫?という点ではないでしょうか?

 

エコーに関しては問題ありません。ただマンモグラフィーは少量とはいえ放射線を浴びるので、妊娠中は控えましょう。

 

【参考記事】マンモグラフィーの被曝の危険性について

 

スポンサードリンク

 

妊娠中の乳がん検診は精度が落ちてしまうデメリットも

 

 

しかし残念ながら乳がん検診のエコーや触診は妊娠中の女性には確実な検査とは言えません。

 

なぜなら妊娠すると乳腺が発達するため、触診で痛みを伴う、エコーで鮮明な撮影ができないなどの問題点があるからです。ですので妊娠していない時に比べて、乳がん検診の精度は落ちてしまうのです。

 

だからといって何もしない方が良いということはありません。

 

妊娠中は定期的にセルフチェックを行いましょう。

 

ネットには乳がんのセルフチェックの方法が掲載されています。それを見て日頃から自分で調べておき、万が一しこりなどを発見したらすぐに病院に行きましょう。

 

しこりがあることを伝えれば精密な検査を行ってくれますよ。

 

【参考記事】乳がん検診費用を抑えるコツ

 

 

妊娠中は乳がん検診をお休みしてセルフチェックを

 

 

妊娠中はセルフチェックをこまめに行っておけば、無理をして乳がん検診を受ける必要はありません。

 

産後すぐに受けてもいいですし、育児が一段落した時から検診を再開することも可能です。

 

検診を受けておかないと不安という人は、上記にも書いたように乳がん検診のエコーや触診なら妊娠中でも可能なのでそちらを受けておいてください。

 

 

育児が落ち着いたら必ず乳がん検診へ!

 

乳がん検診はなるべく定期的に行っておきたいもの。妊娠中でも万が一妊娠中に発症したらと考えると、とても不安になりますよね。

 

もし乳がんになっていたとして、気付かない間に授乳をしていたら…と思うと子供への影響が気になるところ。

 

しかしこの点はまず問題ありません。乳がんの症状が進行している場合は母乳の色がミルク色になりませんので、必ず気付きます。

 

万が一少量のがん細胞が含まれていても、赤ちゃんの胃の中で消化できる範囲と言われていますので、がんが赤ちゃんにうつったりすることはないのです。

 

ですので妊娠中はセルフチェックのみを行い、産後育児が落ち着いてきたら乳がん検診を再開しましょう。

スポンサードリンク