手術できない進行性乳がんの抗がん剤治療

手術できない進行性乳がんと抗がん剤治療について

 

進行性乳がんと診断された場合、できるだけ早くがんを取り除く手術が行われることと思うでしょう。しかしながら手術できないといったケースもあります。

 

乳がんの時点であればほとんどの場合手術が可能ですが、乳がんが進行した進行性乳がんの状態では不可能な場合があります。

 

手術できない理由に関しても1つだけではないので一概には言えませんが、抗がん剤である程度がん細胞を抑えてから手術を行う事もあります。

 

ただ、広範囲にわたって転移している場合は取り除くことができないという理由もあり、抗がん剤治療を行うことで延命していく方針が取られることとなります。それでは抗がん剤とはいったいどういったものなのでしょうか?

 

 

抗がん剤が与える進行性乳がんへの効果はどんなのもの?

 

 

がんの転移や再発にも効果がある抗がん剤ですが、胸にできてしまったしこりを小さくする効果もあります。

 

そのため、手術前の準備の一環として抗がん剤が用いられることもあります。

 

始めの診断では手術できないと言われてしまっても、抗がん剤の投与によって体の状態が良くなればそのまま手術可能とある場合もあるので、進行性乳がんへも大きな希望となるのが抗がん剤なのです。

 

 

スポンサードリンク

手術できない進行性乳がんの場合で使用されるケースも!

 

 

進行性乳がんの中には局部進行性乳がんと呼ばれるものがあります。

 

この局部進行性乳がんは手術が難しいという点において、手術ではなく抗がん剤が主に使われます。効果としてはリンパ節にできた腫れや腫瘍を小さくするといった効果があるとされています。

 

局部進行性乳がんに関しては再発や転移の確率も高くなるといった心配もあるので、抗がん剤はとても重要視されています。

 

 

難しいのは種類!自分に合った抗がん剤が見つかるまで

 

抗がん剤治療と一言でいっても種類がとても多く、一概にどれがいいのかというのは個人差がかなりあります。

 

主に治療に使われることが多いものだけでも種類があるのですが、試してみてあまり効果が感じられなかった場合次を試してみるといった方法が取られることが多いものです。

 

個人差にもよりますが、個人の進行度なども関与してくるので、自分の体質に合ったものが見つかると効果も高く希望も持てます。

 

もちろん抗がん剤と聞いて心配になる点は副作用が挙げられます。効果だけでなく副作用についても考えながら抗がん剤治療を続けていけるのが最善な方法だと思います。

 

 

女性にとって外見の変化というのはとてもナイーブな問題。髪の毛が抜けるといった副作用も、命の為とはいえ精神的にとても辛いもの。

 

それでも命を最優先して抗がん剤の効果に希望と託して、愛する人のためぜひがんばってもらいたいと思います。

 

 

スポンサードリンク